FC2ブログ

ChloeのOn/Off写真館

2005年7月、マダガスカルへの初旅行3日前に、キツネザルを撮りたくて一眼レフを衝動買い。以来、レンズ越しに見える世界に魅せられて、国内外を旅して動物を撮影しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「最後に」、と、「初めて」

パリ

パリのギャラリー巡りで一番印象に残ったのは、Galerie Perrotinで開催されていたソフィ・カルの'Pour la dernière et pour la première fois(最後に、と、初めて)'という展示でした。

ソフィ・カルのことは、大和田良さんの講座で知ったのですが、展示を見るのは初めてでした。

この日が展示最終日だったこともあって、ギャラリーは大賑わい。アート系の作家の写真展が賑わっているのをみて、やっぱりパリだからかなと思ったりしました。

作品は大きく2つのシリーズに分かれています。

'Pour la dernière(最後に)'のほうは、失明した人たちに、視力があったときに最後に見た視覚的イメージをインタビューして、再現した写真とその人のポートレートを組み合わせた写真のシリーズ。

この作品の重さには、正直、打ちひしがれます。かつてタクシー運転手だった人が、乗客に急かされるままにクラクションを鳴らして、行きずりのならずものの怒りを買って、両目を銃弾で撃たれてしまい、妻や子供の顔も忘れてしまっても、その時の情景だけは忘れられない…とか、眼科に行って目薬を差してもらったら、処方が誤っていたのか、帰り道に視力が落ちてきて、最後に見たのはぼやけたトラックのヘッドライトだった…とか。

一人の人が視力を失う瞬間に起きたドラマ(悲劇)はとても重くて、本人たちにとっても思い出すのがつらい悲惨な体験を聞き出して向き合うというのは、とても勇気のいる撮影行為だと思います。そして、そのシリーズは、きっとモデルを引き受けた人々も「よかった」と思えるだろうなと感じられる作品になっていました。

一方、'Pour la première fois (初めて)'のほうは、生まれてからこのかた、まだ海を見たことのない人を浜辺に連れていき、海を眺めている後姿と振り返った時の表情を捉えた動画のシリーズです。

たぶん、その場に来た人々には、心ゆくまで海を見たら、振り返ってカメラを見つめてください…というようなことが伝えられていたのでしょう。海を眺めている人々が振り返るまでの時間の長さはさまざま。ちょっと泣いていたのかなと思える人もいました。

撮影地はトルコのイスタンブールで、海には近い町というイメージなのですが、生まれてから一度も海を見たことがなかった人々がいるということと、その人たちの最初の海との出会いを撮ろうということを思いつく発想力に感嘆しました。

「初めて」も「最後に」も、一人ひとりが抱える想いはそれぞれ異なる「個」のストーリーですが、それらを集めて、まとめて見せることで、普遍的なものに近づいている気がしました。

写真は、展示とはまったく無関係なパリの路上風景です。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/02(金) 00:13:18|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<世界をどう見ているか、どのように発信するのか | ホーム | パリのハチ公>>

コメント

アートもこの頃

すごく変わってきましたね。
パフォーマンスと組み合わせたり、一瞬だけのアートだったり。
目の見えない人の目に焼き付いたものってだんだん減っていくんでしょうか。
一個前のワンちゃんの写真好きです。
良いなあ、またパリですか?
  1. 2012/11/02(金) 07:43:01 |
  2. URL |
  3. 灰色ウサギ #mQop/nM.
  4. [ 編集]

灰色ウサギさんへ

最近、アートって何なのかなぁってよく考えます。次の日記で、ちょっと書いてみたいと思います。

パリ出張は、忙しい時期に重なったので、時差ぼけを生かして日本との仕事に精を出していました。なので、帰国日以外あまり現地を楽しめなかったのが実態です。
  1. 2012/11/03(土) 01:03:23 |
  2. URL |
  3. Chloe #vvoxEstM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://salutchloe.blog34.fc2.com/tb.php/2603-a85815b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Chloe

Author:Chloe
2005年7月、マダガスカルへの初旅行3日前に、キツネザルを撮りたくて一眼レフを衝動買い。以来、レンズ越しに見える世界に魅せられて、国内外を旅して動物を撮影しています。

アクセスカウンター

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。