ChloeのOn/Off写真館

2005年7月、マダガスカルへの初旅行3日前に、キツネザルを撮りたくて一眼レフを衝動買い。以来、レンズ越しに見える世界に魅せられて、国内外を旅して動物を撮影しています。

KYOTOGRAPHIEに行ってきました

Kyotographie
(C) Chloe

週末にKYOTOGRAPHIEに行ってきました。全部は見られなかったのですが、気になった展示をご紹介します。

なんといってもお勧めなのは、日本初展示となるロジャー・バレン。堀川御池ギャラリーの3室を使って、1960年から2014年までの作品を見られる充実のラインナップです。土日にはトークショー&ブックサインも開催され、ロジャー自身から作品の変遷をスライドショーで語ってもらうという贅沢な時間を過ごしました。コムデギャルソン京都店で上映されているスライドショーも大画面で見られるので迫力があります。

ルイ・ジャムの「チェルノブイリ」も、とても印象的です。原発事故の後、地元で生活する人々のポートレートなのですが、二重露光や現像でのエフェクトがかけられた画面が目に見えないものの痕跡を捉えようとするアーチストの意図とぴったり合っています。

フォスコ・マライーニの「海女の島」は、作品もさることながら展示空間がとても印象的でした。1954年に能登半島沖合の島で撮られたという海女さんたちの大らかな美しさを見ると新鮮な驚きがあります。また、入口から展示室にたどり着くまで、海に誘われているような空間が素敵です。地図ではちょっとわかりにくいので、近くの展示会場で場所を説明してもらうといいかも。

ノ・スンテクの「reallyGood, murder」は考えさせられる作品。今も政治的緊張が続く韓国の状況を批評性を持ちながら美しさも備えた作品で表現しています。一点、上のほうに飾られているので、航空ショーを見るようにちょっと見上げてみるといいかも。

空間の美しさでは、建仁寺内の普段は非公開の両足院で展示されている榮榮&映里の「妻有物語」も空間と作品が合っていて素敵でした。庭に降りていく茶室の動画と音響も興味深いです。

KG+の楢橋朝子さん"biwako2014-15"もお勧めです。水面と地上の世界を一つの美しい画面に捉えた楢橋さんの作品と金物工場を改装したという天井の高いgallery Mainがマッチしていて、とても素敵な空間になっています。

KYOTOGRAPHIEの展示を廻ってみて、写真展の魅力って作品の力はもちろんのこと、展示空間がいかに作品のメッセージと響きあっているかということなんだと改めて実感しました。会期は5月10日までなので、いらした方はぜひ感想を聞かせてくださいね!
スポンサーサイト
  1. 2015/04/20(月) 22:39:53|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Chloe

Author:Chloe
2005年7月、マダガスカルへの初旅行3日前に、キツネザルを撮りたくて一眼レフを衝動買い。以来、レンズ越しに見える世界に魅せられて、国内外を旅して動物を撮影しています。

アクセスカウンター

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード