ChloeのOn/Off写真館

2005年7月、マダガスカルへの初旅行3日前に、キツネザルを撮りたくて一眼レフを衝動買い。以来、レンズ越しに見える世界に魅せられて、国内外を旅して動物を撮影しています。

ケラマジカに会ってきました

Kerama
(C) Chloe


慶良間諸島にある阿嘉島に行ってきました。
羽田から那覇まで飛行機に乗り、その後、泊港に移動して高速船で50分、阿嘉島に到着。

慶良間諸島は珊瑚礁と熱帯魚の群舞が有名だそうで、ほとんどの人は海狙い。でも、私は鹿写真家ですから、狙いはケラマジカ。いつどこに行けばいいかをいろいろお聞きしたところ、あちこちにたくさん鹿はいるけれど、基本は夜行性で、見るなら夕方が狙い目、ということでした。

日中は北浜とかいてニシハマと読むビーチに行ったり、展望台に昇ったり…。その間も、周囲をきょろきょろ見回していましたが、鹿には会えず。このままケラマジカを見られなかったら、なんのために来たんだろう…と思い始めた頃に、同じ宿に泊まるという女性が、「あっ、シカ!」と声を上げました!

本当?と、その方角を見たものの、すでにもぬけの殻。本当に見られないかも…とますます心配になりながら、一旦宿へ向かっていると、草むらの中になんとシカが!あ、本当にいるんだなと思ううちに姿を消してしまいました。

夕方、レンタサイクルを借りて、港の方向に走り出すと、シカが2頭。まずは証拠写真を撮って(笑)、そっと近づいていくと、こちらを気にしながらゆっくり去っていきます。もう少し撮らせてほしいと心の中で願いながら、ゆっくりとついていって撮らせてもらったのがこの一枚です。

ケラマジカは、奈良や宮島に住むホンシュウジカに比べると、小柄で体毛がこげ茶色。夏に白い斑点のある鹿の子柄になるのは子鹿だけだそう。(ホンシュウジカは大人も綺麗な鹿の子柄になります)。海を渡ることもあるそうで、いつか泳いでいる鹿を撮ってみたいところです。

まずは、まったくの空振りにはならなくてほっとしましたが、いつか再訪して、もっといろんなシーンを撮りたいと思います。

スポンサーサイト
  1. 2014/07/19(土) 23:23:52|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Chloe

Author:Chloe
2005年7月、マダガスカルへの初旅行3日前に、キツネザルを撮りたくて一眼レフを衝動買い。以来、レンズ越しに見える世界に魅せられて、国内外を旅して動物を撮影しています。

アクセスカウンター

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード