ChloeのOn/Off写真館

2005年7月、マダガスカルへの初旅行3日前に、キツネザルを撮りたくて一眼レフを衝動買い。以来、レンズ越しに見える世界に魅せられて、国内外を旅して動物を撮影しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

御苗場150番ブースで会いましょう♪

アビ

1月31日(木)から2月3日(日)までパシフィコ横浜展示ホールで開催される写真イベント「御苗場」に参加します。これは、横幅1.5メートル、高さ2.1メートルのスペースを使って、自分の写真を見ていただくというイベント。これで4回目の参加です。

今回のタイトルは「Island of Deer」。バリで撮影した鹿の写真を展示します。御苗場ブース150番でぜひご覧くださいね。31日と2日、3日終日、1日は午後2時ごろから会場にいますので、来場される方はぜひご予定をお知らせくださいませ。

カメラと写真映像のイベントCP+の中で開催されるので、カメラ・レンズの新製品に触れたり、写真家のトークショーなども楽しむことができます。

会期: 1月31日(木)~2月3日(日) 10:00~17:00
※初日の31日は、一般の来場者の入場は12:00から。最終日は16:00まで
会場: パシフィコ横浜 展示ホール ブース150番

入場料(CP+と共通)は当日一般1,000 円ですが、WEB事前登録をすると入場無料になります。
http://www.cpplus.jp/
スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:写真

  1. 2013/01/22(火) 22:35:55|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

別れの儀式

アビ


土曜日にアビを送り出しました。その時もまた、最後の写真撮影をしました。数十分後、アビは真っ白なきれいな灰になりました。斎場の方が、「ここがシッポ、これが歯です…」ときれいに並べてくれました。体内にフンがあったことも教わって、最後まで食事はしていたのだなと、なんだかちょっとほっとしました。

葬儀という儀式には、天国に送るということ以上に、残された人たちの心の整理をつけるという意味合いがあるんじゃないかなと思いました。

4日と今日の日記の写真は、2008年に撮影したものです。年末に旅行に出る前には、元気そうだと思っていたのですが、写真と見比べてみると、ずいぶん痩せたんだなと今になって気づきます。おそらく、少しずつ、腎不全が進んでいたのでしょう。

心からの反省をこめて、日曜日にシャム猫ジークを獣医さんに診てもらいました。血液検査をした結果、健康体だとのこと。これからは、定期的にチェックしてもらおうと思います。

とりとめもなく思い出すことも、今、書きとめておかないとどこかに消えてしまいそうなので、記しておきます。

成田空港から自宅に戻る時、体調があまりに悪そうだったので、普段、車の中ではゲージに入れているアビを膝の上に乗せて、ずっと撫ぜていました。呼びかけても返事をしなかったのですが、だいぶ経ってから、小さくごろごろとノドを鳴らしてくれました。今、思うと、すごく体調が悪くて辛かったはずだけど、私たちのことを待っていたと知らせたかったのかもしれません。

別れは寂しいけど、いろんなことを気づかせてくれます。そんな時間も今は大切なのでしょうね。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2013/01/07(月) 23:36:52|
  2. 猫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

さよなら、アビ

アビ

愛猫アビが天国に旅立ちました。

旅行前は元気だったので、まだ信じられない気持ちです。

旅から戻ってペットホテルに迎えに行くと、ぐったりしていたので、病院に連れて行ったら、腎不全とのこと。一晩入院したのですが、そのまま息を引き取りました。夕方、会いに行ったときには、一声ないて立ち上がってくれたので、回復に向かっているのだと思ったのですが、本当は、家に帰りたくて、最後の力を振り絞ったのかもしれません。そう思うと、本当に愛おしく辛いです。

今は、子供のころによく遊んでいた白いボールを抱かせて、お気に入りの場所で休んでもらっています。明日昼前に見送ることになるでしょう。

夜、昔撮った写真を見ながら、アビの思い出話をしました。ダンボールを重ねて作った家が好きだったことや、本棚の上に上るとなかなか降りてこなかったことなど、すべてが懐かしく、いとおしく、帰らぬ時間に心が痛みます。

改めて、写真を撮ること、ブログを書くことって、そんな帰らぬ時間を記憶に留めておくために記録することは本当に大切なことだと感じます。

だから、花の中で横になっているアビの姿を写真に撮りました。今、このときしか撮れない写真だから、忘れたくないから、しっかり記録しておきたかったのです。

アビがとてもなついていたくろうさぎ君も日記を書いてくれました。

アビちゃん、10年間、ありがとう。虹の橋で待っていてね。

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. 2013/01/04(金) 23:38:47|
  2. 猫日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

Chloe

Author:Chloe
2005年7月、マダガスカルへの初旅行3日前に、キツネザルを撮りたくて一眼レフを衝動買い。以来、レンズ越しに見える世界に魅せられて、国内外を旅して動物を撮影しています。

アクセスカウンター

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。