ChloeのOn/Off写真館

2005年7月、マダガスカルへの初旅行3日前に、キツネザルを撮りたくて一眼レフを衝動買い。以来、レンズ越しに見える世界に魅せられて、国内外を旅して動物を撮影しています。

雨の日は、ギャラリーへ

ベルリン

土曜日は雨が降っていたので、写真展めぐりをしました。

新宿エプサイトで開催中の尾崎たまき写真展「いまも水俣に生きる」。有機水銀で汚れた海が再生して海藻の森に魚たちが群泳するまでに。水中写真も海に生きる人のポートレートも良かったです。一つのテーマを持って、地元の人々と関わりながら撮り続けていくって素晴らしいなと感じました。6月9日まで。

品川キヤノンSタワー・オープンギャラリーで開催された日本野鳥の会写真展「野鳥を通して見えるもの」。戸塚学さん撮影の足湯につかるアオサギに思わずほっこり。耕運機の後をついていくアマサギも可愛い?飼いならされている訳ではなく、耕した時に飛び上がる虫を狙っているそう。こちらは5月30日まで。

写真は、良く晴れた朝のベルリンのブランデンブルグ門です。

人気blogランキング
スポンサーサイト
  1. 2011/05/31(火) 07:43:55|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

硝子の世界へ 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152281)」

ベルリン

バリ旅行中に故障したEF24-105mmレンズを新宿のキヤノンQRセンターで修理に出しました。

受付のおじさまがエラーの状況をチェックして、説明してくれる様子が、なんだかお医者さんみたいでした(^^)。なんでも望遠側で絞りが固まってしまう症状なんだとか。震災の影響で一部パーツが不足しているそうだけど、修理箇所が該当しなければ、一週間で退院予定とのことです。

最近、カメラやレンズが旅先で故障します。ちゃんとメンテナンスをしていないからかなぁって、ちょっと反省しています。

人気blogランキング
  1. 2011/05/30(月) 08:45:06|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

記憶に留めておくために 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152281)」

ベルリン

ベルリンの街には、ヨーロッパで虐殺された600万人にも及ぶユダヤ人犠牲者に捧げられた広大なオブジェがあります。

延々と続くお墓のような石のオブジェを前にすると、重く暗い愚行を思い出さずにはいられません。忘れないでいることが、二度と繰り返さないために大切、そんな想いがこのメモリアルにはこめられているのでしょう。

人気blogランキング
  1. 2011/05/30(月) 07:58:56|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アートな街角 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152281)」

ベルリン

朝のお散歩で新ナショナルギャラリーの前を通りかかりました。

まだ開館していなかったけど、ガラス越しに見える展示と映りこみのハーモニーになんだか心惹かれました。中にはパブロ・ピカソ、エドヴァルド・ムンク、パウル・クレーなど20世紀美術が展示してあるのだとか。いつか訪れてみたいです。

人気blogランキング
  1. 2011/05/29(日) 10:46:26|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

硝子の森

ベルリン

ベルリンのソニーセンターを設計したのは、ヘルムート・ヤーンというドイツ系アメリカ人だそうです。東京のグラントウキョウノースタワー・サウスタワーも設計しているのだとか。あちらもガラスが印象的な建物です。

ベルリンの街には、このほかにもガラスやアクリルを効果的に使っている建物が多くて、写欲をそそられます。

人気blogランキング
  1. 2011/05/29(日) 07:21:28|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

空色ラビリンス 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152281)」

ベルリン

ベルリンで撮影していて、一番、夢中になったのは、ソニーセンターです。早朝散歩で訪れたのですが、光がとても綺麗に当たっていました。

17日付の日記に載せたドーム部分は感嘆しながら何枚も撮りました。このガラス壁面の映りこみも素敵でした。

実は結構、建築物好きなのかも(^^)。いろんな角度から眺めて、美しさを発見していくのって楽しいなと思います。

人気blogランキング
  1. 2011/05/27(金) 02:01:49|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

川を西から東へ 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152281)」

ベルリン

土曜日にベルリンを出て、フランクフルト経由で日曜日の朝に成田に帰ってきました。

ルフトハンザに乗ったのは初めてです。近年、機内食のレベルが低下している中では、比較的美味でした。ただ、昼に搭乗して朝着く便なので、機内であまり眠ることができず、時差調整に苦労しました。

写真は、シュプレー川をわたる橋。頻繁に電車が行き交っています。

人気blogランキング
  1. 2011/05/26(木) 08:07:43|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

昼下がりのシュプレー川 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152281)」

ベルリン

シュプレー川沿いのかつて壁に隔てられていた地帯。イーストサイドギャラリーの内側は公園になっていました。川沿いで寛いでいるカップルは、ベルリンの住民なのでしょうか。

この穏やかな風景が、ずっと続きますように。

人気blogランキング
  1. 2011/05/25(水) 07:57:20|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

チェックポイント・チャーリー 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152281)」

ベルリン

チェックポイント・チャーリーは、ベルリンが東西に分断されていた時代の国境検問所です。

東西ベルリンを行き来する外交官や連合軍関係者のための検問所だったこの場所でも、東から西へ脱出しようとする人々によるさまざまな試みが繰り広げられたそうです。

近くに立つ壁博物館では、そうしたエピソードが豊富な写真とともに紹介されています。中でも東独の大衆車トラバントを改造してエンジンルームに人が隠れられるようにした様子を再現した展示は目を惹きます。

今は壁のあった場所にブロックが埋め込まれているだけで、自由に行き交うことができます。当時、警備に当たっていた兵士の写真が掲げられているこの場所を、ベルリン市民はどういう思いで通っているのでしょうね。

人気blogランキング
  1. 2011/05/24(火) 23:54:35|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

壁の向こう 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152281)」

ベルリン

ベルリンの壁は、1961年8月13日に築かれ、1989年11月まで東西ベルリンを隔ててきました。

現在、壁はほとんど残っていないのですが、シュプレー川沿いに1.3kmにわたって残された壁面に各国のアーチストが絵を描いたイーストサイドギャラリーを訪れました。

壁に描かれた絵はさまざま。歴史的な背景に思いをはせると、いろいろと感じるところがあります。

人気blogランキング
  1. 2011/05/24(火) 08:32:45|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

キリンのいる街角 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152281)」

ベルリン

もし、このベルリン行きがプライベートだったら、ベルリン動物園に行きたかったところですが、今回は時間がなかったので断念。

その代わり、というわけではないのですが、ポツダム広場でこんなキリンに会いました。レゴの博物館がこの近くにあるということで、ブロック製のキリンさんです。

タクシーでポツダム広場に行く時に、タクシーの乗務員さんに「黄色いジラフの前で停めて」と頼んだら、「何のこと?」と不思議顔。到着してから乗務員さんが一言「お客さんは横を見てるけど、私は運転しているから前ばかり見ていて…」。えっ、それなりに有名なオブジェだと思うんですけど(笑)。

人気blogランキング
  1. 2011/05/23(月) 23:40:32|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

空に向かって 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152281)」

ベルリン

出張中は早起きをして、街を散歩することにしています。

ベルリンでも実践したのですが、街が広くて徒歩で廻れる規模ではありません。また、建物も大きく、公園も広くて、ワンブロックが長く、一生懸命歩いていても進んでいる気がしないのです(^^;)。

だから、街を歩いている人は少数派。地下鉄やバス、クルマなどで移動するのがベルリン流のようです。

写真はポツダム広場にあるソニーセンター。

人気blogランキング
  1. 2011/05/23(月) 10:14:49|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

壁のない幸せ 「旅の写真(13769)」

ベルリン

出張でベルリンに行ってきました。とても実り多く、充実した旅でしたが、忙しくて現地からの更新は断念。滞在中に撮った写真を、これから少しずつアップしますね。

ベルリンといえば、なんといっても「壁」です。

西ドイツと東ドイツが分かれていた時代に生まれた私は、小さい頃は壁が崩壊する日が来るとはまったく思っていませんでした。

ベルリン市内には壁もモニュメントがいろいろ残っています。これは、ポツダム広場に飾られているもの。壁の土台が東側のほうが幅広いのですが、これは地面を掘っ通り抜けられないようにするためだとか。

同じ国民、同じ町の人が、政治情勢で2つに隔てられていて、武力で往来を禁じられていたというのは、今思い返しても大変な悲劇だったと思います。今、こうして、自由にベルリンの町の中を行き来できる幸せを感じます。

人気blogランキング
  1. 2011/05/22(日) 15:48:27|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

紫に、咲く 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152281)」

カキツバタ

今日は写真展めぐりに。

まず、東神奈川のカナックホールで石井孝親先生の「自然写真教室合同写真展」へ。光を美しく捉えた自然写真がいっぱいでした。石井先生と大阪のおっちゃんに久々に会って、写真やカメラ談義に花を咲かせてきました。本日まで。

その後、四谷三丁目に行って、Roonee247Photographyで原啓義さん写真展「野良猫たちの銀座 僕の好きな銀座」を鑑賞。銀座でこんなに猫に会えるんだと感心。意外とレトロな雰囲気が漂う町並みがいい雰囲気でした。本日最終日。

同じく四谷三丁目のCROSSROAD GALLERYのグループ展「Flora」へ。花の捉え方もいろいろで個性的。石下理栄さんの花写真は深みがあってとても印象的でした。こちらも本日最終日。

新宿三丁目まで歩いて、Bギャラリーで開催中の中村紋子さん写真展「Silence」へ。すごく心惹かれました。一点ずつも素晴らしいし、組み合わせることでさらに深い世界が現れている感じです。5月31日まで開催。

最後は、新宿のコニカミノルタプラザで開催されている「地球の上に生きる2011」-DAYS JAPAN フォトジャーナリズム写真展-を鑑賞。すごく見ごたえがありました。紛争や貧困で苦しむ人々を真正面から捉えた写真群を見ると、世界でも本当にいろんなことが起きているなと感じます。確かに日本は未曾有の地震に見舞われて、原発問題は未解決で、苦しんでいる人がたくさんいるけれど、世界で起きていることも目を向けて、考えていかないといけないなと感じました。5月18日まで。

人気blogランキング
  1. 2011/05/15(日) 23:22:56|
  2. 写真:花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

この広い空の下 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152281)」

この広い空の下

朝の海、もうすぐ日が昇るという一瞬前の静けさ。

バリ島サヌールビーチで5月5日に撮影した3枚を続けてアップしました♪最初の1枚は50mm、後の2枚は15mmの魚眼。実は、この旅行ではダンス以外は、単焦点レンズで撮影しようと決めていました。

そうしたら24-105mmズームがダンス撮影中に故障してしまって、ダンスも単焦点で撮ることに(^^;)。どうせやるんなら、徹底しなさいというバリの神様の思し召しだったのかもしれません。

人気blogランキング
  1. 2011/05/15(日) 20:22:26|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レンゲの花、見つけた♪ 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152281)」

レンゲ

出張先で見かけたレンゲ。今年は、見られないかと思っていたので、出会うことができて本当に嬉しく思いました。

小さい頃は、レンゲを摘むのが楽しみでした。

今はもったいないから、写真に撮るだけです。

人気blogランキング
  1. 2011/05/15(日) 20:13:23|
  2. 写真:花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

水の惑星 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152281)」

水の惑星

バリ旅行中に相棒の魚眼レンズを時々借りて、空や海を撮影していました。

お魚の目で見た世界は新鮮で、面白いです。

ただ、個性が強いので、魚眼の写真で終わりがちな気もします。私はまだまだ面白がっているだけですが、この先は、撮る時の視点が伝わるように使いこなして、自分の写真表現の一つにしていくことが大切なのでしょうね。

人気blogランキング
  1. 2011/05/15(日) 08:55:34|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

サヤ・マウ・ミノム・ソーダーウォーター 「バリネタ!バリ好き!あつまれ~(6606)」

サヌール

南国に行くと、爽やかに冷えた飲み物がほしくなりますが、ビールにはまだ早いかなぁという時、甘いものの苦手な私はペリエなどのガス入りのミネラルウォーターを頼みます。

バリ島でも甘くないガス入りの飲料がないのかなと思っていたのですが、「ソーダウォーター」と頼めばよいことがわかりました!ちなみに、「トニックウォーター」というとちょっとだけ苦味のある甘い炭酸水が来てしまうので、要注意です(^^;)。

「ソーダーウォーター」は缶入りで出てくることもあれば、ファンタの瓶にはいっていることもあります。ファンタの正式商品ラインナップなのかは未確認です(笑)。

人気blogランキング
  1. 2011/05/14(土) 22:58:27|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

太陽の力 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152281)」

ハイビスカス

休暇から戻ってみると、思っていた通り、超多忙モードに。終電の一本前までお仕事をしていました。

今週後半と来週は出張なので、それまでに片付けておきたいことがたくさんあります。

それでも、いえ、だからこそ、GW休んでおいてよかったな~と思います。

南国の太陽でフルチャージしてきたので、がんばります♪

人気blogランキング
  1. 2011/05/11(水) 07:46:54|
  2. 写真:花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

青空に咲く花のように 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152281)」

ブーゲンビリア

ただいま~。バリ島から帰国しました。

懐かしい人々に再会し、新しい思い出もできました。

さぁ、火曜日から次の旅に向けてお仕事です!

人気blogランキング
  1. 2011/05/10(火) 08:31:55|
  2. 写真:花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ラストダンスは、レゴンで 「バリネタ!バリ好き!あつまれ~(6606)」

レゴンダンス

バリの旅もいよいよ最終日。深夜便で帰国の途につく前に、ウブドでレゴンダンスを見てきました。

今日もまた天気が今ひとつで、踊りの上演場所も変更に。建物の中なのでちょっと情緒には欠けますが、ガムランの華やかな音に乗って踊るダンサー達は素敵でした。

バリはきっとまた訪れると思います。それまでに、インドネシア語もちゃんと勉強して、もっともっと実り多い旅ができるように、そして、旅写真が作品になるように高めていきたいと思います。

人気blogランキング
  1. 2011/05/09(月) 00:47:15|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

おじいちゃんから孫へ 「バリネタ!バリ好き!あつまれ~(6606)」

ロビナ

バリではいろいろな儀式が行われます。この日は、車やバイクなどのお祭りということで、各家庭でお供えを飾って、お祈りを捧げます。

友人のニョマンが実家のあるロビナに行くというので、同行させてもらいました。儀式を執り行うおじいちゃんが真剣に祈りを捧げています。いつもは可愛がってもらっているお孫さんもちょっかいを出してたしなめられていました。

バリの伝統はこうして将来の世代に引き継がれていくのでしょう。

人気blogランキング
  1. 2011/05/08(日) 10:04:46|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ケチャの夜

パリス

再びウブドで、ケチャックダンスを見てきました。

炎を囲んで円陣を組んだ男性の合唱の中、ラーマーヤナの物語が繰り広げられていきます。

昨日より舞台が暗かったので、レンズはEF50mmF1.4を使って絞りはF2.2まで開けて撮影しています。

実はEF24-105mmF4も持っていったのですが、撮影前に本体との接点にトラブルがあるというエラーが出て、使用できませんでした。今回は50mmが活躍してくれてよかったのですが、バックアップは欠かせませんね。帰国したら修理に出します。

人気blogランキング
  1. 2011/05/06(金) 09:00:51|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ジェゴグの夜 「バリネタ!バリ好き!あつまれ~(6606)」

パリス

ウブドでジェゴクの演奏と踊りを見てきました。

ジェゴグはバリ島西部のヌガラ地方伝統の竹の楽器で、形は木琴のよう。大小さまざまなジェゴグが奏でる音楽は、大地から伝わるような重低音から高音まで音階が豊かで、迫力満点です。

踊りはレゴンダンスに似たものから、農村地方らしい白鷺の踊りなど素朴なものも。写真は、パリスという少年の踊りです。

バリ島のダンス観賞の楽しいところは、撮影がOKなこと。早めに行けば、最前列に三脚を構えることも可能です。普段、日本で舞台撮影をする機会がなかなかないだけに、夢中でシャッターを切っていました。

人気blogランキング
  1. 2011/05/05(木) 11:31:11|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

サヌールの朝 「バリネタ!バリ好き!あつまれ~(6606)」

サヌールの朝

バリに来てからなかなか朝日が綺麗に見れらない日が続いていたのですが、今日はオレンジの光を拝むことができました。

水平線にはちょっと雲があったけれど、上空はブルーで、素敵な朝でした。

左手の船は、バリ伝統の舟ジュクン。今朝も、リーフの沖でサーフィンをする観光客を乗せたり、釣りに出かけたりと大活躍です。

人気blogランキング
  1. 2011/05/04(水) 08:31:17|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

屋根の上のバリ猫 「バリネタ!バリ好き!あつまれ~(6606)」

猫

バリ島に来て4日目。今日まで曇りや雨が多かったのですが、初めてすっきりと晴れました。

今は乾季なので、本来は晴天が続くはずなのですが、このところどうもお天気のリズムも違ってきているようです。

今日はサヌールでのんびり。ホテルのプールサイドで寛いでいます。木陰で柔らかな風に吹かれたり、芝生の上に落ちているプルメリアの花を拾い集めたりしていると、心がストレッチしていくのを感じます。

写真は、海辺の売店で出会った猫ちゃん。

人気blogランキング
  1. 2011/05/03(火) 14:44:44|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

鶏たちの戦い

鶏

バリ島東部のトゥガナン村でUsaba Dalemという年に一度の村の寺院のお祭りが開催されるということで、お出かけしてきました。

この村を訪れるのは三度目なので、顔なじみの人も増えてきました。去年7月に撮った写真を届けて、再会を喜び合いました。

村の集会場では、朝からお供えや豚の丸焼きを準備。90キロ以上あるという豚を丸太に串刺しにして、炎の上でぐるぐる回しながら焼くという力仕事はもちろん、ご飯やおかずの盛り付けも男性が行っています。女性は別の建物で、お供えの準備をしていました。

村の寺院でのお祭りが始まるのは午後3時。ガムランの演奏が続く中、正装した村の人たちが集まってきます。準備したお供えや豚の丸焼きを寺院に運んだ後、夕方には儀式として闘鶏が催されます。

村の男達が鶏達を持ち寄ってリハーサル。にらめっこをさせて鶏達の闘争本能を高めた後、足に小さな刃をつけます。私は戦いの場は見なかったのですが、空中戦を制した鶏が勝利を収めたそう。

昔は賭け事としてバリ島で広く開催されていた闘鶏も、今はギャンブルを禁じる政府の方針で、こうした村のお祭りなどで開催されるだけになっているそうです。

人気blogランキング
  1. 2011/05/03(火) 11:57:42|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

インセクト・フリー・ゾーン 「バリネタ!バリ好き!あつまれ~(6606)」

鶏

バリ島に行くと同僚に話したら、「毛虫に気をつけてね」と言われたように、今、ジャワ島からバリ島にかけて、毛虫が大量発生していることは日本でも話題になっています。

ドライバーをしてくれているニョマンに聞いたところ、私達が滞在しているサヌールでは、さほど問題にはなっていないよう。それでも観光客の懸念を払拭するためか、あるホテルの庭には「Insect Free Zone」という看板が。そのホテルの敷地のはずれには「End of Insect Free Zone」とまで書いてあったので笑ってしまいました。

毛虫対策として、殺虫剤を散布しているのはもちろんなのですが、家を守るためのバリ・ヒンズーの儀式も催すというのが、いかにも宗教が日常と密接に結びついているバリ島らしいところです。

そのおかげもあって、今のところ、毛虫に悩まされることもなく、平和にバカンスを過ごしています。

人気blogランキング
  1. 2011/05/02(月) 08:36:02|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

バリ島に到着♪ 「バリネタ!バリ好き!あつまれ~(6606)」

睡蓮

バリ島にやってきました。

ガルーダ・インドネシア航空を利用したのですが、去年から始まった機内での入国審査サービスはとても便利。成田空港でチェックインした後、入国ビザの料金をカウンター脇で支払うと、機内に乗っている係官がパスポートに判を押して、入国審査済のブルーのカードをくれます。

バリの空港に着いたら、入国審査のカウンターで、そのブルーのカードを渡すだけ。行列する必要もなくて、とてもスムーズ。フライトで疲れた後で、イミグレーションで待たされるのは辛いですから、こういうのはとても助かります。

国営航空だという立場を100%活用したサービスですね。

人気blogランキング
  1. 2011/05/01(日) 20:22:27|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

Chloe

Author:Chloe
2005年7月、マダガスカルへの初旅行3日前に、キツネザルを撮りたくて一眼レフを衝動買い。以来、レンズ越しに見える世界に魅せられて、国内外を旅して動物を撮影しています。

アクセスカウンター

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード