ChloeのOn/Off写真館

2005年7月、マダガスカルへの初旅行3日前に、キツネザルを撮りたくて一眼レフを衝動買い。以来、レンズ越しに見える世界に魅せられて、国内外を旅して動物を撮影しています。

写真、という一言で表せない、何か 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152281)」

スクレ
今日は9つの写真展を鑑賞。写真って本当にいろいろだなと実感しました!

とはいえ、はじめから9個所廻ろうと思っていた訳ではないんです。単に、併催の展示や通り道のギャラリーに立ち寄るうちに、こうなっちゃいました(笑)。

最初に訪れたのが、エプサイトで開催中のkumakoさんの「閉息潜水写真展」。素潜りは未体験なのに、あの空間にいると海の中で重力から開放される心地良さを感じられました。

次いで、新宿ニコンサロンの古川 裕也さん「ランドスケープ・イリュージョン」へ。動物園の自然を模倣したシーンを撮影したシリーズです。

そのままお隣のニコンサロンbis新宿で添田 康平さんの「Not yet refugees」難民にとって住みにくい国であると日本について、パーソナルな友情に基づいて撮っていることに共感しました。

銀座に移動して、銀座ニコンサロンの「ルワンダ ジェノサイドから生まれて」へ。真っすぐに捉えた親子の写真の隣にある体験談は壮絶。語るのは本当に大変なことのはずだけど、彼女達は自分に起きたことを世界に知って欲しいと考えているのが伝わってきます。でも、その後もボスニアなどで同じ悲劇が繰り返されているのは、本当に痛ましいです。なぜなんでしょう。

リングキューブで大門美奈・大門正明さん写真展「Portugal」へ。写真の原点が旅フォトの私としては、「うん、うん、こういうシーンを撮りたくなるよね」というカットが満載。

続いて、銀座BLD GALLERYの中平卓馬写真展 「Documentary」へ。タイトル通り、リアルな写真が並ぶ中に、モチーフが繰り返し現れることに面白さを感じました。

京浜東北線で品川に移動して、キヤノンギャラリーSの吉村和俊さん写真展「MAGIC HOUR」。夕暮れや夜明けのパープルに染まった街並みや風景をとても美しく感じました。一日二回、世界は特別な時間を迎えるって素敵です。

同じくキヤノン品川のオープンギャラリーで開催中の渡辺幸雄さんの「山稜光景」。北アルプスで撮影した写真たちは、その場に行った人だけが見ることができる自然の神秘に満ちていました。

山手線に乗って、エモン・フォトギャラリーの公文健太郎さんの「BANEPA」へ。ネパールでずっと撮影し続けてきたという公文さんの美しい写真を見ると、またまた「旅っていいよね」と思ったのでした。

こうして今日見た9つの写真展を振り返っても、「写真とは…」と言えるような共通点がなかなか見つからない気がします。

あえて言うならば、この不可逆な時間を生きる中で、カメラという道具を手にした人が、その瞬間を視覚的に捉えておきたいという情熱に駆られたり、このことを他の人に伝えねばという使命感で動いたり、あるいは、この美しい光景を共有したいという想いが託されているということ。そして、その道具が「カメラ」と呼ばれていることぐらいしか、共通点はないのかもしれません。

それだけ、写真にはいろんな可能性があるっていうことだなぁとも思いました。

人気blogランキング
スポンサーサイト
  1. 2011/01/29(土) 21:52:33|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

白い街と、民族衣装と 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152280)」

スクレ

ボリビアの憲法上の首都であるスクレは、スペイン人が最初に築いた町。コロニアルな白い建物が多く美しい町並みです。

と、何気なく使う「コロニアル」という言葉ですが、日本語にすると「植民地風」ということ。なのに、建物や町並みを形容するときにはポジティブなイメージで使われています。

スクレの町では、思いのほか多くの民族衣装を身に纏った人々を見かけました。カラフルなストールやスカートは綺麗なのですが、子供たちが物乞いをしている姿を見ると、暮らしは楽ではないことが伺われます。

白い町並みと色鮮やかな民族衣装には、いろんな意味で対比を感じました。

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2011/01/29(土) 10:17:18|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今、何が起きているのか? 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152280)」

スクレ
今日は、この写真とはまったく関係のない国の話です。

最近、チュニジアで内乱があって、その影響がエジプトを始めとする周辺諸国に飛び火している状況は、TVや新聞の報道でご覧になっている方も多いと思います。

このニュースは二つの意味で気になっています。

一つは、もともとがチュニジアという北アフリカの国から始まったということ。
個人的に、マグレブと呼ばれる北アフリカ諸国に興味があって、いつかは訪れたいなと思っていました。

第一本命は、アルベール・カミュ(「異邦人」や「ペスト」などを書いたフランス人作家ですね)の出身地であるアルジェリアなのですが、イスラム原理主義の政権が支配しているので、しばらく旅行で訪れるのは難しそうです。

現実的に行ってみたいなと思っていたのが、モロッコとチュニジア。

チュニジアは、ローマ帝国のライバルだったカルタゴがあった国です。すごく憧れがあるだけに、しばらく情勢を見守らなければいけなくなったのは残念です。

二つ目の気になる理由は、チュニジアという国で起きているのが、独裁的な政権への市民からの反発だと報道されていること。飛び火したと言われている、エジプトのムバラク政権への反対運動も同様の説明がされていますね。

ただ、一方で、中東にはイスラエル対アラブ諸国という対立構図があって、親米派としてエジプトという国が果たしてきた役割も大きかったと言われています。

エジプトのムバラク政権が揺らぐことで、中東情勢が不安定になってしまうと、また不確定要素が増える、という考え方もあります。

もちろん、その国の未来は、その国に住んでいる人が決めること。ただ、できることなら周辺諸国を始めとする世界が平和に共存共栄できる道が見つかることを祈っています。でも、それが一番難しそうに見えるのも中東なのですよね…。

最初にも書いた通り、写真はぜんぜん関係なく、南米ボリビアの憲法上の首都スクレで撮影したスナップです。

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2011/01/28(金) 23:41:21|
  2. Chloeの今日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

出会いを大切に 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152280)」

コパカバーナ

この写真は、チチカカ湖沿岸の街コパカバーナにある市場で撮った一枚。ボリビアで撮った、数少ない人物写真です。

この日に出会った人々に、「写真を撮っていいですか?」と尋ねると、ほとんどの人が断ってきました。それで私は、ボリビアで人の写真を撮らせていただくのは難しいなと痛感して、その後、出会った人に頼まなくなっていました。

でも、こうして写真を見直してみると、ちゃんと時間をかけて、コミュニケーションを取ったほうがいいなぁって思うようになりました。たとえ、写真を撮れなくても、そのほうが思い出が増えますよね(^^)。


人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング

  1. 2011/01/27(木) 21:49:57|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

森山大道 「路上スナップのススメ」 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152280)」

コパカバーナ

日曜日に東京都写真美術館で「スナップショットの魅力」展を見てきたので、流れよく、森山大道さんの「路上スナップのススメ」を読みました。

帯に「中途半端なコンセプトは捨てて、とにかく撮れ!」と書いてあるのが刺激的です。

昨年の御苗場が終わった後から、私はしばらく写真のコンセプトということについて考えていました。作品として写真を見ていただく上で、コンセプトを持ってシリーズを組み立てないといけないかなと思ったのです。その過程で、いろいろ学んだこともあったけれど、逡巡したこともありました。

この本にまとめられた森山大道さんの言葉は、そんな私を心地よく斬ってくれます。

「何か、そのときの社会状況みたいなことからテーマやコンセプトを、らしく決め込んで撮影したところで、しょうがないと思う。そんなことより、とにかく全身で感じたものを、なるべく選別なく撮っていく。とくにこれから写真家になろうという学生には、そうしろと教えてきた」

スナップとは「自分の欲望が発する必然の投網を打って、偶然という獲物を絡めとること」

「何でもよく見てすべて写せ。まず量を撮らないと見えてこない。少なくとも路上の写真はね。自分が何を撮っているかも見えてこない。何を撮りたいかも分からない。世界も見えないし自分も見えない。ましてや写真が何かなんて、分かりっこないんだ」

うん。なんだか爽快な言葉です。

ボリビアから帰ってきてからは、御苗場の準備に時間をとられていて撮影していないのですが、その後はしばらく「量を撮る」というのもいいかなぁって思いました。

写真は、ボリビアのコパカバーナという街で撮ったスナップショット。

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング

  1. 2011/01/27(木) 07:45:59|
  2. 本の日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

「未完成」な未来形

塩のホテル

一昨日のブログに、撮影データを記載するのを止めるお話を書いたら、思っていたより反響があってびっくりしました。

それがきっかけで、ブログの中身についてもちょっと考えてみました。

私が書いていることって、写真を撮っていく上で発展途上の自分をさらしている部分が多いと思います。

もし、これが職業フォトグラファーや、アーティストである写真家だったら、そんなふらふらしたこと書いていられないですよね(^^;)。

でも私は、ブログに来てくださった方々が、こういうふうに「未完成」な私が書いたことにいろいろコメントしてくださることがとても楽しいんです。

自分の人生だから、最後は自分で決めなくちゃいけない。でも、いろんな考え方ややり方があることを知るって、すごく面白いと思うんです。

だから、これからも発展途上で未完成な話をいろいろしていくと思います。

どんどん、突っ込んでくださいね♪

写真は塩のホテルの壁です。

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング

  1. 2011/01/24(月) 22:47:49|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

「かがやきの瞬間:スナップショットの魅力」鑑賞 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152280)」

リャマ

他の方の写真を見た時に、「あっ、素敵だな」と思うことは多いのですが、単に好き嫌いで見てしまっていてその写真を評価できる目が自分にはまだないなぁと感じています。

これは自分の中で基準がないからなんだと思います。世の中でよいとされている写真を見る機会を増やさねば!と、東京都写真美術館に出かけてきました。

まずは3階で「かがやきの瞬間:スナップショットの魅力」を鑑賞。一番印象に残ったのは、ポール・フスコの「ロバート・F・ケネディの葬式列車」です。沿道で列車を見送る人たちの写真の数々を見ていると、なんだか自分が見送られているような感覚に陥ります。こういうシーンを撮れる状況ってなかなかないと思うのですが、すごい作品群だなと思いました。

その後、2階に下りて「日本の新進作家展vol.9 かがやきの瞬間:ニュー・スナップショット」の展示へ。中村ハルコさんの連作は、ストーリー性があって写真も美しくて引き込まれました。小畑雄嗣さんが北海道で撮ったスケートや雪の結晶の写真も素敵でした。

と、ここで気づいたのですが、やっぱり私の写真の見方って情緒的で、ぜんぜん写真的じゃないかも(^^;)。でも、これからは作品を鑑賞する機会も増やしていこうと思います。

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2011/01/24(月) 08:33:32|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

本当に好きでやりたいこと 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152280)」

ラグーナ・コロラダ

写真のワークショップの後、打ち上げに行ったのですが、授業も飲み会でのお話も示唆に満ちていてとても有意義な時間でした。

その席で気づいたこと&決めたことを二つ。

その一。ブログでの撮影データ公開を、中止します。
当初は、自分自身が撮影時の設定がよくわかっていなかったので、絞りやシャッタースピードにより意識的になろうと思って書き始めました。そろそろ、写真単体で見ていただいてもいい時期かなと思ったので、データの記載を止めてみます。気になったことや質問があればお気軽にお尋ねくださいね。

その二。今年は、撮影後の仕上げの部分について、もっと勉強します。
仕事以外の時間をどういう風に最大限に使って、写真に取り組んでいくかというのは、会社員生活をしている私にとって大きな課題です。これまでは、なるべく多くの時間を撮影自体に割いていたのですが、今年は作品として仕上げるための全体の勉強もしていきます。

「できないと言っているのは、本当に好きでやりたいと思っていないから」という言葉にすごく触発されました。ただ全部をがんばるのではなく、目標をきちんと決めて取り組んでいきます。

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング


  1. 2011/01/23(日) 09:41:39|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

AOZORA写真展に参加します♪ 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152280)」

リャマ

2月のヨコハマは写真三昧!

2月9日から12日までパシフィコ横浜で開催される御苗場に出展することは、先日お知らせした通りですが、同時開催のAOZORA写真展にも参加しています!

AOZORAはプロの写真家から写真を始めた人まで誰でも参加ができる写真を通じたボランティア活動です。展示作品やポストカードを来場者が購入すると、売り上げが医療機関に寄付されます。

写真を通じて誰かの役に立てるかもしれないって、素敵ですよね。

2月11日と12日に、横浜美術館前(美術の広場)からCP+2011会場(パシフィコ横浜)の3000m2のどこかにChloeの写真が2枚飾られます。チャリティですので、気に入った作品に出会ったらぜひお求めくださいね♪

AOZORA写真展
日時:2011年2月11日(金・祝)-12日(土) 10:00~19:00(12日は17:00まで)
場所:神奈川県横浜市横浜美術館前(美術の広場)及び周辺
*私は基本的には御苗場の会場にいる予定です。

御苗場にお越しいただける方はお知らせくださいね。
ぜひ、会場でお目にかかりましょう!

御苗場
日時:2月9日(水)~12日(土) 10:00~18:00
※初日9日は12:00から。最終日12日は17:00まで。
場所:パシフィコ横浜 展示ホール

入場料(CP+と共通)は当日一般1,000 円ですが、WEB事前登録で入場無料になります。

カメラ:Canon EOS 7D
レンズ:Canon EF24-105mm f/4L IS USM
撮影モード:マニュアル露出
シャッター速度:1/1600
絞り数値: F6.3
測光方式:評価測光
ISO感度:400

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2011/01/22(土) 09:54:06|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

塩のホテルで見る夢

ルナ・サラーダ

ウユニには何軒か塩のホテルがあるのですが、私たちはLuna Salada Salt Hotelに泊まりました。

壁やテーブルなど、塩のブロックでできていて、床にも純白の塩が敷き詰めてあります。カラフルなクッションやブランケットが置かれているのがいいアクセントになっています。内装が可愛いので、あちこちで写真を撮ってしまいました(^^)。

この写真は部屋の外のサロンを撮ったものですが、こういうスペースが広々と取られているので、友達と歓談するのも楽しそうです。

食事も美味しかったし、とても居心地のいいホテルでした♪

カメラ:Canon EOS 5D Mark II
レンズ:Canon EF24-105mm f/4L IS USM
撮影モード:マニュアル露出
シャッター速度:1/50
絞り数値: F8.0
測光方式:評価測光
ISO感度:1600

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング

  1. 2011/01/21(金) 06:53:12|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

空を映す鏡 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152280)」

ウユニ塩湖

ウユニ塩湖を雨季に訪れたかったのは、水面が鏡のように空を映す風景を見たかったから。

私たちが訪れた12月はまだ雨季の始めだったようで、ウユニ滞在中は青空に恵まれました。

今回、水が張っていたのは塩湖のごく一部でしたが、それでもこの風景には感激しました。逆に、水が全体に張っていたら、塩湖内にある観光スポットを訪れるのが難しかったかもしれません。

カメラ: Canon EOS 7D
レンズ:Canon EF24-105mm f/4L IS USM
撮影モード:マニュアル露出
シャッター速度:1/125
絞り数値: F11.0
測光方式:評価測光
ISO感度:100

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング

  1. 2011/01/20(木) 07:43:19|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

塩のホテルの追憶 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152280)」

ウユニ塩湖

ウユニには何軒か「塩のホテル」があります。

文字通り塩で建てられたホテルで、壁はもちろん、テーブルなども塩のブロックでできています。

そんな塩のホテルの元祖が塩湖の中に建てられた「プラヤ・ブランカ」。でも、今、この宿に泊まることはできません。ホテルの排水が環境に悪影響を及ぼす、ということで、営業できなくなったそうです。

そういうわけで私が泊まった「ルナ・サラーダ」をはじめ、ホテルは塩湖の周辺に建てられているようです。

純白の塩湖がいつまでも美しくあってほしいな、と思いつつ、こういうホテルに泊まったら、夜明けのウユニ塩湖も見られたんだろうな、と憧れも感じます。

写真は「プラヤ・ブランカ」のそばに立てられた国旗の数々。

カメラ: Canon EOS 5D Mark II
レンズ:Canon EF24-105mm f/4L IS USM
撮影モード:マニュアル露出
シャッター速度:1/250
絞り数値: F11.0
測光方式:評価測光
ISO感度:100

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2011/01/18(火) 21:49:45|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

旅は、思い出もまた楽しく 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152280)」

ウユニ塩湖

ボリビアの写真が続いていますが、実際には会社で仕事をして、週末は写真仲間と会ったり、「御苗場」の準備をしたりという日常です。

ブログの更新をするために地球の反対側で撮ってきた写真を見ていると、現地にいた時よりもさらに、いいところだったんだなと思うようになりました。

旅は準備をしている時も、道中も、思い出もまた、楽しいものですね。

写真はウユニ塩湖です。

カメラ: Canon EOS 5D Mark II
レンズ:Canon EF24-105mm f/4L IS USM
撮影モード:マニュアル露出
シャッター速度:1/250
絞り数値: F11.0
測光方式:評価測光
ISO感度:100

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2011/01/18(火) 08:19:54|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

50万アクセス達成御礼!と、プレゼントのお知らせ♪ 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152280)」

ウユニ塩湖

ChloeのOn/Off日記、2011年1月16日10:35:58に50万アクセス達成!キリ番は楽天ブログ以外の方なのでどなたかわかりませんでしたが、日頃からいろんな方にお越しいただいて到達した記録です。皆さん、本当にありがとうございます!

そこで、感謝を込めてご希望者の方にポストカードをプレゼントさせていただきます。写真は、2月9日から12日までパシフィコ横浜で開催される「御苗場」で展示する作品のセットです。

もらってあげてもいいよ♪という方は、「ChloeのOn/Off日記」トップページの「Mail/メッセージを送る」からお気軽にご連絡くださいませ。

カメラ: Canon EOS 7D
レンズ:Canon EF70-200mm f/4L IS USM
撮影モード:マニュアル露出
シャッター速度:1/500
絞り数値: F22.0
測光方式:評価測光
ISO感度:100

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2011/01/17(月) 07:36:49|
  2. Chloeの今日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

黄金の世界 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152280)」

ウユニ塩湖

ウユニ塩湖の夕暮れ・西の空バージョンです。

空と塩湖が金色に染まりました。三角のシルエットは、塩の採集用に地元の人が積んだ塩の山です。

今、気づいたのですが、ChloeのOn/Off日記はまもなく50万アクセスを迎えます。キリ番を踏んでくださるのはどなたでしょう?楽しみです。

記念プレゼントの企画も考えておきますね!

カメラ: Canon EOS 7D
レンズ:Canon EF70-200mm f/4L IS USM
撮影モード:マニュアル露出
シャッター速度:1/250
絞り数値: F13.0
測光方式:評価測光
ISO感度:100

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2011/01/16(日) 10:08:21|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ウユニ塩湖の夕暮れ 「旅の写真(13769)」

ウユニ塩湖

12月のボリビアは雨季のはしり。ウユニ塩湖の一部には水が張っていて、空を映していました。

ガイドさんにお願いして、夕暮れの塩湖に連れて行ってもらいました。日が沈む西の空は金色に輝き、東の雲は茜色に染まって、とてもきれいでした。

その後、星空の撮影にもチャレンジ。満点の星空が水面に映る美しい光景を見たのですが、撮影した写真では中途半端に星が流れていて、残念な結果に終わりました。もっと修行しなくては(^^;)。

カメラ: Canon EOS 7D
レンズ:Canon EF24-105mm f/4L IS USM
撮影モード:マニュアル露出
シャッター速度:1/80
絞り数値: F8.0
測光方式:評価測光
ISO感度:800

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2011/01/16(日) 08:01:02|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

旅先で写真を撮るということ 「旅の写真(13769)」

リャマ

旅元で出会った人々の写真を撮るのも楽しみの一つなのですが、ボリビアでは写真が苦手な人が多く、断られることがほとんどでした。民族衣装を纏っている人も多くて撮りたい気持ちが高まるだけに、少し残念な気持ちがしました。でも、もちろん相手の方々の気持ちを尊重しないといけませんよね。

私が訪れた場所で地元の人々を撮りやすい場所No.1は、なんといってもバリ島です。多くの人が笑顔で応じてくれ、子供たちに撮ってほしいとせがまれることもあります。

ボリビアは今まで訪れた中で一番ハードルが高い国でした(^^;)。現地ガイドさんによると、勝手に写真を撮ってほしくないという感情が強いらしく、リャマを撮っていたら「自分の飼いリャマを撮るな」とばかりに石を投げてくる人もいるという話でした。

幸い、私たちはそこまでの目には遭いませんでしたが、リャマを撮影中にガイドさんが「飼い主さんが撮ってほしくないそうなので行きましょう」と言われたことはありました。

旅の間、なぜボリビアで出会う人々があまり写真を撮られたくないと感じるのか、考えていました。

知らない人がいきなりやってきて、レンズを向けたらいい気持ちがしないのは、日本人も一緒です。笑顔で挨拶、は基本ですが、現地のケチュア語やアイマラ語はもちろんスペイン語も話せないので、コミュニケーションが深められないという面もあるかもしれません。

歴史的にスペインに征服され、独立後も近隣諸国との戦争に敗れて海への出口を失い、領土が小さくなってしまった国なので、他の国に対する警戒心が強いのかもしれません。

答えは見つかりませんが、ボリビアの人々に心を開いてもらうには、駆け足で旅をするのではなく、もっとゆっくり向かい合うことが必要なのかなあと思いました。

カメラ: Canon EOS 7D
レンズ:Canon EF70-200mm f/4L IS USM
撮影モード:マニュアル露出
シャッター速度:1/125
絞り数値: F8.0
測光方式:評価測光
ISO感度:800

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング

  1. 2011/01/15(土) 07:20:48|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

ただいま!おかえり! 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152280)」

リャマ

昼間はアンデスの広い平原で思い思いに餌を食べながら過ごすリャマたちも、夕方になると飼い主の元へと帰っていきます。

日暮れ前、リャマたちが小屋のなかへ順番に入っていくところに出会いました。なんだか、「ただいま!」「おかえり!」と挨拶を交わしているようです。

カメラ: Canon EOS 5D Mark II
レンズ:Canon EF24-105mm f/4L IS USM
撮影モード:マニュアル露出
シャッター速度:1/160
絞り数値: F4.0
測光方式:評価測光
ISO感度:1600

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング

  1. 2011/01/13(木) 05:35:40|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

終着駅は荒野 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152280)」

列車

再び、ウユニの「列車の墓場」より。前日降った雨が水溜りになっていて、青空と白い雲が映り込んでいました。

写真を撮影していると、遠くから汽笛が聞こえてきたような気がしました。相棒に確認すると確かに聞こえるというので、たぶん幻聴ではなかったと思います。

今のボリビアでは鉄道が運行している路線が少なくなっているのですが、オルロとウユニを結ぶ路線は電車が走っているそうです。首都ラパスからオルロまで長距離バスで移動して、オルロ-ウユニ間は鉄道の旅を楽しむのもよさそうです。

カメラ: Canon EOS 7D
レンズ:Canon EF24-105mm f/4L IS USM
撮影モード:マニュアル露出
シャッター速度:1/160
絞り数値: F13.0
測光方式:評価測光
ISO感度:100

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2011/01/12(水) 02:42:50|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

かつて活躍した機関車たちへ 「鉄道(26841)」

列車

ウユニに「列車の墓場」と呼ばれる場所があります。

かつて、ボリビアでは主に貨物用として鉄道が使われていたのですが、今では多くが廃線になってしまいました。ウユニの町外れに、使われなくなった機関車などが放置されています。

この場所は今や名所になっていて、観光バスやチャーターの四駆が入れ替わり立ち代わりやってきては、見学して写真を撮影していきます。でも、10分もするとツアーの客たちは立ち去っていき、静けさが戻ります。

特に熱烈な鉄道ファンというわけではないのですが、南半球の空の下で放置された機関車たちはなんだか哀愁を帯びていて心惹かれました。


カメラ: Canon EOS 7D
レンズ:Canon EF24-105mm f/4L IS USM
撮影モード:マニュアル露出
シャッター速度:1/200
絞り数値: F11.0
測光方式:評価測光
ISO感度:100

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2011/01/11(火) 00:48:29|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

アンデスで、カモメに出会った♪ 「野鳥好きっ♪(17056)」

カモメ

ボリビアは海のない国なのですが、湖や川でカモメを見かけます。

私はバーダーではないのですが、こういう飛翔シーンを見かけると思わず気合が入ってしまいます(^^)。

頭や翼の先が黒いシールポイントが可愛いです。
この鳥の正式な名前をご存知の方は、ぜひ教えてくださいね。

カメラ: Canon EOS 7D
レンズ:Canon EF300mm f/4L IS USM
撮影モード:絞り優先AE
シャッター速度:1/320
絞り数値: F8.0
測光方式:評価測光
ISO感度:100

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング

  1. 2011/01/10(月) 10:28:34|
  2. 写真:野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今年も、御苗場に出展します 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152280)」

フラミンゴ

2月9日から12日までパシフィコ横浜で開催される「御苗場」という写真イベントに参加します。これは、横幅1.5メートル、高さ2.1メートルのスペースを使って、自分の写真を見ていただくというイベント。昨年に続き、2回目のチャレンジです。

出展するのは、ボリビアで撮影した写真になる予定。今、セレクトとレイアウトを考えているところです。

カメラと写真映像のイベントCP+の中で開催されるので、カメラ・レンズの新製品に触れたり、写真家のトークショーなどを楽しみつつ、御苗場のChloeブースにもぜひお越しくださいね!

2月9日(水)~12日(土) 10:00~18:00
※初日9日は12:00から。最終日12日は17:00まで。
パシフィコ横浜 展示ホール

入場料(CP+と共通)は当日一般1,000 円ですが、WEB事前登録で入場無料になります。

カメラ: Canon EOS 7D
レンズ:Canon EF24-105mm f/4L IS USM
撮影モード:マニュアル
シャッター速度:1/2000
絞り数値: F8.0
測光方式:評価測光
ISO感度:400

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2011/01/09(日) 12:35:40|
  2. 写真日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

翼あるものの歓び

フラミンゴ

今回のボリビア旅行で改めて気づいたのは、私は動物の写真を撮るのが好きなんだなぁということ。

旅の目的はウユニ塩湖を見ることだったのですが、気がついたら、リャマやフラミンゴ、ビクーニャの写真を山のように撮っていました。

そもそも、一眼レフを買ったのも、マダガスカルでキツネザルの写真を撮るためだったのですから、自分の原点を思い出した感じです。

今年はいろんな動物写真をたくさん撮ろうと思います。

カメラ: Canon EOS 7D
レンズ:Canon EF300mm f/4L IS USM
撮影モード:マニュアル
シャッター速度:1/1000
絞り数値: F4.5
測光方式:評価測光
ISO感度:100

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2011/01/09(日) 06:05:47|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ビクーニャ!ビクーニャ! 「旅の写真(13769)」

ビクーニャ

ビクーニャはリャマの仲間ですが、野生で人に馴れることはないそうで、荒野に群れで暮らしています。

移動中にビクーニャを見かけると、クルマを止めてもらって撮影するのですが、ガイドさんが気を引こうと音を立てると却って逃げていってしまいました(^^;)。「野生だ」「人に懐かない」って解説していたのに、なぜ自分で声をかけるんでしょう(^^:)。謎です(笑)。

撮影に協力しようという気持ちだけ、ありがたく受け取っておきました。

カメラ: Canon EOS 7D
レンズ:Canon EF300mm f/4L IS USM
撮影モード:マニュアル
シャッター速度:1/3200
絞り数値: F6.3
測光方式:評価測光
ISO感度:400

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2011/01/08(土) 09:13:03|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

フラミンゴは、飛んでいく 「野鳥好きっ♪(17056)」

フラミンゴ

フラミンゴたちは歩きながら餌をついばんでいることが多く、なかなか飛翔シーンにめぐり合いませんでした。

これはたまたま群れに合流するために飛んだ一羽を撮ったもの。体を一直線に伸ばした飛び姿は、優雅というより、なんだか一生懸命な感じが伝わってくる感じです(^^)。

カメラ: Canon EOS 7D
レンズ:Canon EF300mm f/4L IS USM
撮影モード:マニュアル
シャッター速度:1/3200
絞り数値: F6.3
測光方式:評価測光
ISO感度:400

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング

  1. 2011/01/08(土) 08:50:20|
  2. 写真:野鳥
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

家路 「旅の写真(13769)」

リャマ

アンデスを代表する動物といえば、リャマ。

ボリビアでも人里から遠く離れた場所でリャマの群れを見かけます。といっても野生ではなく、日中に何キロも歩いた後、夕方になると飼い主の待つ住処へと帰っていきます。

のんびりとした風貌のリャマですが、とても賢い動物だそうで、羊などを一緒に放牧しておくと、自分の群れの一員として守ってあげるのだとか。

そんなリャマたちが愛おしくて、見かける度に大喜びしていました。ボリビア人のドライバーさんやガイドさんにしてみれば、牛や馬のように馴染み深い動物にどうしてそこまで騒ぐのかわからないでしょうね(^^;)。

カメラ: Canon EOS 7D
レンズ:Canon EF24-105mm f/4L IS USM
撮影モード:マニュアル
シャッター速度:1/1600
絞り数値: F8.0
測光方式:評価測光
ISO感度:400

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2011/01/08(土) 05:38:05|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

旅へのいざない 「旅の写真(13769)」

アンデス山脈

波乱万丈ながら楽しい旅を終えて、1月3日に帰国しました。

旅先でいろんなハプニングが起きても、帰ってくるとすぐに、また次の旅に出かけたくなります。

たぶん、私が旅に心惹かれるのは、広い世界を見たいという単純な欲望からだなと思います。今の自分を取り巻く環境の「当たり前のこと」や「常識」が、旅先に行くと通用しなかったり、まったく違ったりする。それは時々大変だけど、世界の広さを感じて、視野を広げて経験を重ねるって、いいなって思います。

今年もいろんな旅をしてみたいです。それは、遠い世界だけではなく、近くでもいい。だって、今まで知らないことに出会うって面白い!ですから。

写真は、ラ・パスに着く前に飛行機の窓から撮ったアンデスの山並みとチチカカ湖です。

カメラ: Canon EOS 5D Mark II
レンズ:Canon EF24-105mm f/4L IS USM
撮影モード:マニュアル
シャッター速度:1/200
絞り数値: F11.0
測光方式:評価測光
ISO感度:400

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング

  1. 2011/01/07(金) 05:10:31|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

奇跡の再会! 「旅の写真(13769)」

ビクーニャ

いよいよ帰国の日。空港近くのホテルを朝3時半に出発。でも、これはちょっと早すぎたようで、チェックインサービスは始まっていませんでした(笑)。

ようやく搭乗して、マイアミからダラスへ。そして、成田行きに乗り換えです。

日本到着は1月3日の午後2時半過ぎ。ラ・パス出発からほぼ3日がかりの長旅です。この日はただただ飛行機で過ごすだけの日だなぁと思っていたら、ダラスの空港で奇跡が待っていました!なんと、メキシコから帰国する途中のpicchukoさんにお会いしたのです!

お互いの出発前に「同じアメリカン航空ですね」とコメントしていたのですが、まさか同じフライトになるとは!なんて素敵な偶然なのでしょう♪おかげで、楽しく旅を締めくくることができました。

写真は、チリ国境近くのラグーナ・ベルデで見かけたビクーニャ。ちょっと鹿のような感じですが、ラクダ科でアルパカの仲間だそうです。

カメラ: Canon EOS 7D
レンズ:Canon EF24-105mm f/4L IS USM
撮影モード: マニュアル露出
シャッター速度: 1/320
絞り数値: F11.0
測光方式: 評価測光
ISO感度: 100

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2011/01/05(水) 04:39:13|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

謹賀新年: 旅に出よう! 「どんな写真を撮ってるの??(*^-^*)(152280)」

ウユニの日の出

皆様、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

元旦は移動の一日でした。ホテルを朝4時半に出て、ラパスの空港へ。サンタ・クルーズ経由でマイアミに着いたのが午後4時。久々に標高の低いところに降りてきたので、空気が濃いように感じられました(笑)。

このフライトでは10人以上日本人が乗っていて、皆、ウユニ塩湖に行ってきた旅行者のようでした。隣の席になった女子学生は一人旅でチリ国境を越えてアタカマ砂漠まで行ってきたとのこと。そのバイタリティに拍手!です。就活も無事に終えて、アルバイトで旅費を貯めてやってきたのだそうです。昔に比べて、海外旅行や留学をする若者が減っていると報道されていますが、元気に旅をしている人たちもいるんだなぁと、なんだかほっとしました。

空港近くのホテルにチェックインして、隣のレストランで夕食。ここまではちょっと控えめにしていたビールとワインを飲んで、早めに就寝。なにしろ次の日もまた早朝出発ですから。

というわけで、この日の写真はありませんが、新年らしく日の出の写真を。ウユニ近郊の朝です。

カメラ: Canon EOS 7D
レンズ:Canon EF24-105mm f/4L IS USM
撮影モード: マニュアル露出
シャッター速度: 1/200
絞り数値: F22.0
測光方式:評価測光
ISO感度: 100

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2011/01/04(火) 03:43:52|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

ティワナク遺跡 「旅の写真(13769)」

ティワナク

大晦日のこの日は、私達にとってはボリビア観光の最終日。スクレからラパスに飛行機で入り、チチカカ湖近くのティワナク遺跡に行きました。

ティワナクは紀元前200年頃から1200年頃まで続いたというプレ・インカの文明で、遺跡は世界遺産に指定されています。ただし、スペイン人がやってきた際に、ピラミッドの石を建築に使った後、遺跡自体を土で埋めてしまったそうで、現在は大半が地中に。発掘作業はまだ半分も進んでいない印象です。

この写真は半地下神殿に埋め込まれた彫像を撮影したもの。石に刻まれた頭部が何を表すのかは謎なのだそう。その時代のリーダー達の顔だという説や、戦いで倒した敵の頭部だという説などがあるそうです。それぞれに個性豊かな顔立ちで、個人的には異民族との交流があったのだろうなという印象を受けました。

ラパスの町に戻って、ボリビア最後の夜は、民族音楽のライブと踊りを楽しめるペーニャへ。晩御飯を食べながら、フォルクローレの調べと華やかなダンスを楽しみました。

さて、元旦の朝、いよいよボリビアを発って、マイアミに向かいます。

カメラ: Canon EOS 7D
レンズ:Canon EF24-105mm f/4L IS USM
撮影モード: マニュアル露出
シャッター速度: 1/80
絞り数値: F8.0
測光方式: 評価測光
ISO感度: 100

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2011/01/02(日) 19:37:58|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

Chloe

Author:Chloe
2005年7月、マダガスカルへの初旅行3日前に、キツネザルを撮りたくて一眼レフを衝動買い。以来、レンズ越しに見える世界に魅せられて、国内外を旅して動物を撮影しています。

アクセスカウンター

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード