ChloeのOn/Off写真館

2005年7月、マダガスカルへの初旅行3日前に、キツネザルを撮りたくて一眼レフを衝動買い。以来、レンズ越しに見える世界に魅せられて、国内外を旅して動物を撮影しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地方巡業に行ってきます 「自分らしい生き方・お仕事(215685)」

みちしるべ Image hosted by Photobucket.com今日は、6月のプロジェクトを手伝っていただいたエージェンシーの方々と、遅ればせながらの打ち上げをしてきました。

現場では結構、修羅場もあったのですが、若いながらもプロの彼らがしっかりと受け止めてくれて、ずいぶんと助けられました。

そんな苦労話もちょっとはしたのですが、結婚や恋愛の話のほうが盛り上がっていました。

代理店の仕事は過酷です。だからこそ、若くして「自分たちはプロである」という意識を強烈にもっているなと感じます。

私も仕事においてはプロでありたいな、と思っています。でも、まだまだ出来ていないなーと思うこともしばしば。

時間との戦いの中で妥協もするし、予算がなければあきらめるし、優先順位をつけるのは当たり前。でも、本当に自分としてベストの成果を挙げているかと考えると、ちょっと反省してしまいます。

10月末までは仕事の季節になりそう。効率よく働きながら、ブログ生活も楽しみたいと思っています。と、久々の仕事日記でした。

明日から地方巡業に出ます。

通信環境はあまり期待できないので、日記を更新できないかも。妙なトラバは完全には止まっていないので、留守中だけトラバ受付も停止しておきます。日曜深夜に戻る予定です♪

写真は再び常泉寺。石には「みちしるべ」と書いてあります。


人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
スポンサーサイト
  1. 2005/09/28(水) 01:35:22|
  2. On日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

モーリシャスの風(7) ネッタイチョウ 「あなたの旅行記はどんな感じ??(24219)」

シャマレルの滝 Image hosted by Photobucket.com恐怖の釣り体験から気を取り直して、「インド洋の貴婦人」モーリシャスの島内観光に出かけましょう。

まずは、島の南西部にあるシャマレルの滝。100mの落差があるというだけあって、なかなかの迫力です。

ここで、モーリシャスの国鳥「ネッタイチョウ(Phaethon)」に会いました。フランス語名が「Paille-en-queue」(直訳するとシッポに藁)というだけあって、尾が長くて美しい鳥です。

モーリシャス航空のシンボルマークにもなっているネッタイチョウ。実は、ガイドさんからは「パヤンクー」だと教わっただけだったので、正確な名称をモーリシャス航空さんにメールでお問い合わせしたところ、大変丁寧な回答をいただきましたので、ご紹介しましょう。

-Quote-
ギリシア神話に、太陽神アポロの子ファエトン(phaethon)が父神の「日の馬車」を持ち出し、天空を駆け上がって行ったが、神馬の制御不能により太陽に近ずき過ぎため馬車が熱に溶けて、海の上に落ちたところ、その波間から、一羽の純白な鳥が舞い上がり、空のかなたへ飛んで行ってしまった、と話があります。モーリシャス航空がPaille-en-queueをシンボルにしたのは、この神話に由来します。この神話に出てくるネッタイチョウは、多分「アカハシネッタイチョウ」だと思うのですが、モーリシャスを飛んでいるネッタイチョウはシラオ(白尾)ネッタイチョウと言います。他にもアカオ(赤尾)ネッタイチョウという種類がいますが、モーリシャスでは飛んでないようです。
-Unquote-
モーリシャス航空のTさま、ありがとうございました。

シラオネッタイチョウ Image hosted by Photobucket.comこちらがそのシラオネッタイチョウ。200mmズームで目いっぱいがんばったのですが、私の腕ではこれが精一杯。渓谷のかなたを悠然と飛ぶ姿を雰囲気だけお伝えしますね。

モーリシャスで国鳥に会えて、また、帰ってからもモーリシャス航空さんから親切なメールをいただいてChloeは幸せです。


人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/26(月) 05:25:38|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

捨てるもの、捨てられないもの 「おそうじ、おかたずけ、整理整頓のコツって?(13254)」

芙蓉 Image hosted by Photobucket.comめっきり朝晩は涼しくなりました。台風のせいで今日は曇り空。風も結構、強く吹いています。

これは家でおとなしく片付けでもしなさい!という天の声?!だと思うことにして、懸案だったクローゼットと寝室の整理整頓に取り組みました。

ChocolatJoyeuxさんや、木暮バックウォルドさんのお片づけ日記に触発されたというのもあります。Blog効果、絶大ですね。

しか~し、Chloeは片づけが大の苦手なのです。モノに執着しない、といいつつ、捨てられないんですね。

そこで一計。皆様にもご意見を伺ってみようと思います。

1から5までのアイテムを
A.捨てる、B.取っておく、C.その他(フリマとか、人にあげるとか)
で、分けていってくださいね。

1. サイズがちょっと合わなくなってしまった服
運動不足でちょっときつくなっちゃったのだけど、まだきれいなスーツ。でも、一年間、袖を通していません。

2. 仕事関係で手に入る、非売品のグッズ
ブランドロゴの入った販促品とか結構いただくのですが、私自身執着がないので扱いに迷います。欲しい人は欲しいんでしょうね。

3. エアラインや化粧品会社のポーチ
ごくまれにビジネスクラスに乗ったときにもらったものや、キットで買ったときについてくる化粧品会社のポーチ。かわいいなと思うのですが、実は使っていなかったりします。

4. 人からいただいた手芸品
手作りなので捨てるのも悪い気がするし、私自身はぜんぜん興味がないので、たんすのこやしになっています。今度会った時に、家にないとまずいかなぁ。

5. 旧式になってしまったけど、まだ使えるデジカメ
200万画素でがさばる大きさ。さすがに君の時代は終わったよ、と思うのですが、まだ動くし。

基本的には、極力モノを減らしてシンプルに生きたいのですが、なかなか思うにまかせません。
まだまだ修行が足りませんね。

写真は常泉寺の芙蓉です。

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/25(日) 19:30:57|
  2. Chloeの今日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24

モーリシャスの風(6)ビッグ・ゲーム・フィッシング 「釣り行って来ました。(2543)」

ルアー Image hosted by Photobucket.com「インド洋の貴婦人」モーリシャスでは、男のロマン?!である釣りを思う存分満喫できる、はずでした。

今回の旅行で、相棒のくろうさきが一番楽しみにしていたのが、「ビッグ・ゲーム・フィッシング」。

釣りに疎い私が説明するのはかなり無理があるのですが、モーターボートで沖に繰り出して、写真にあるようなルアー(疑似餌)をトローリングで流しながらヒットするのを待ち、カジキやマグロなどの大物と格闘しながら釣り上げる、というものです。

陽気なお兄さんがドライブするタクシーでヒンズー音楽を聴きながら港へ。出迎えた船乗りさんが、「今日は風が強いから、少し揺れるかもね」と言っていました。

空は曇り空。遠くにが見えます。「わぁ、きれい」と喜んでいたのもつかの間、沖に出ると文字通り、インド洋の荒波が待ち構えていました。

まるでジェットコースター。山のような波を乗り越え、谷のような波間に落ちていきます。Chloeはもう、恐怖でゲラゲラと笑ってしまいました。

こんなに荒れた海に出ていって、大丈夫なのでしょうか?しかも、よく考えたら、ライフジャケットも着ていないし。なんてアバウトなモーリシャス人!

魚はぜんぜん、かかる気配がありません。魚群を見つける目印となるカモメたちの姿もまばらです。そう、今日は釣り日和ではないのです!

こんな時化の日に海に出て行くのは、無謀&無駄だとブルーになっていた頃、ブイが浮かんでいる海域にやってきました。

竿を小型のものに換えて、釣りを再開。すると、船乗りさんの竿に当たりがきました!くろうさぎ、張り切ってリールを巻きます。しばしの戦いの後、シイラが上がってきました。また、船乗りさんの竿に当たり!相棒はリールを巻く係をやっているだけなのですが、大喜び!

しかし、停船して釣りをしていると、揺れのきつさでChloeは気分が悪くなってきました。ついに、我慢できず、海に撒き餌。我慢することが仕事のTVレポーターじゃないので、このあたりで切り上げて、港に戻ることになりました。

お刺身 Image hosted by Photobucket.comというわけで、この日の釣果はシイラ二匹。ホテルのシェフが、お刺身やモーリシャス風にトマト味やカレー味に料理してくれました。

正直言って、生きて帰れてよかったなーというのがChloeの感想。くろうさぎはまた、挑戦したいそうですが、今度は陸で待っていようかな。

ちなみに帰ってきてから、この大冒険を会社の人に話したら、「シイラなんて相模湾でも釣れるよ」と笑われました。いいんです。モーリシャスで釣ることに意義があるんです!?


人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング

  1. 2005/09/25(日) 06:49:57|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ほととぎす 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154227)」

ほととぎす Image hosted by Photobucket.com昨日に続いて、相棒が浜松オートレースで闘って(遊んで)いるので、第二部です。

昨日、常泉寺で撮った写真の続きです。ほととぎす、といっても鳥ではなくて花のほうです。

ホトトギスという名前の由来は、鳥のほととぎすの羽根にある斑点にちなんでいるとか。

でも、鳥にも詳しくないChloeには、あんまりぴんときていないのですが(^^;)。

昨日、常泉寺に行ったのは、一眼レフのトレーニングのためでした。あ、もちろん、カメラじゃなくて、撮る方の私の練習ですね。

マダガスカルに行くときに、勢いでデジタル一眼を買ったものの、ちゃんとした勉強をしたことがなかったので、参考書を買って練習することにしました。「9週間でマスターする写真表現の基礎」という本です。

昨日は初めて、絞り優先AEモードに挑戦したのですが、肉眼とは違う世界が見えるのに感動しました!

その一方で、失敗作の多さにも愕然。

デジタルなんだから、たくさんとって、後でセレクトすればいいや!ぐらいの気持ちで撮ったほうがよさそうです。

写真のことを褒めてくださる方が多いので嬉しいのですが、実はこんなに未熟者なのです(^^;)。

でも、新しい趣味が見つかったのは嬉しい!ぜひ、いろいろとアドバイスしてくださいね。


人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/24(土) 22:29:24|
  2. お出かけ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

モーリシャスの風(5) モーリシャスはインド系! 「あなたの旅行記はどんな感じ??(24219)」

グラン・バッサン Image hosted by Photobucket.com「インド洋の貴婦人」モーリシャスは、やっぱりインドに近かった?!

住民も70%近くがインド系。50%の人がヒンズー教を信じているといいます。

ですから、島の中にヒンズー教の聖地があるのは当たり前なんです。

これが、そのモーリシャスのヒンズー教徒の聖地「グラン・バッサン」。直訳すると大きな池(フランス語)です。

インドっぽい原色の派手な彫像が印象的。この日も地元の人がお参りに来ていました。

ヒンズーの伝統はモーリシャスに脈々と生きています。若いタクシーの運転手さんがかけていた音楽もヒンズー音楽。料理はカレーが多いのです。

距離は全然別にして、モーリシャスってマダガスカルよりインドに近いんじゃない?って思ってしまいました。

この優しくて人懐っこい気質はインドから来ているのでしょうか?インド未体験のChloeですが、ちょっと気になってしまいます。


人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/24(土) 08:30:20|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

お彼岸に彼岸花 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154227)」

Image hosted by Photobucket.com今日は相棒のくろうさきが浜松までオートレース観戦(はっきり言えば”勝負”ね)に出かけてしまったので、のんびり、のChloeです。

明日、仕事が入っていなければ、一緒に出かけたところなのですが(涙)。気を取り直して日記を2回更新することにしました。

今日はお彼岸。彼岸と言えば彼岸花。嫌われ者の花だといいますが、私は単純にきれいだなーと思います。

昔は田んぼの畦道で多く見かけたのですが、根の部分に毒があるので野ねずみから田畑を守るために植えられていたのだそう。別名の「曼珠沙華」とは”天上の花”という意味だそうですから、そんなに忌み嫌うこともないですよね。

小田急線・高座渋谷にある常泉寺というお寺で、秋の花の写真を撮ってきました。白い彼岸花は初めて見ました。今日は咲いていませんでしたが、黄色い彼岸花もあるそうです。

もう9月も後半なのですね...


人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/23(金) 22:37:12|
  2. お出かけ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

モーリシャスの風(4)南十字星 「旅のあれこれ(112293)」

ホテル・ボー・リバージュ Image hosted by Photobucket.com
「インド洋の貴婦人」モーリシャスは、南緯20度に位置する南半球の島。

せっかく南半球に来たからには、南十字星を見なくちゃ!でしょう。

Chloeも相棒のくろうさきも熱心な天文ファンではありませんが、南十字星は特別。言葉の響きも美しいし、普段見られないだけに憧れがつのります。

マダガスカルでも南十字星らしきものを見たのですが、近くに「にせ十字」といわれる”もどき”もあるようなので、ちゃんと確かめよう!と思い、ホテルのレストランでいつも愛想よくしてくれるお兄さんに尋ねました。

なのに、なんと!彼は「サザン・クロス」を知らなかったのです。親切な彼は、同僚にも訊いてくれたのですが、誰一人として知りませんでした。

モーリシャスでは「サザン・クロス」はマイナーな存在だったのです...

夕食を終えた私たちに、レストランのお兄さんが「一緒に星を見に行きましょう」と申し出てくれました。

ホテルの庭はライトアップされていて、降るような星空とまではいきませんでしたが、南十字星らしき星座がみつかりました。「これかなー」「たぶんね」などと3人で話しながらお散歩を終了。

翌日はあいにくの曇り空。また、同じレストランに食事に行くと、昨夜のお兄さんがいました。「南十字星のこと、調べましたよ。私たちが見たのが、そうだったんです!」と教えてくれました。お兄さん、ちゃんと覚えていてくれてありがとう。

モーリシャスのホテル「ボー・リバージュ」に南十字星のガイドができるウェイターさんが誕生した瞬間でした。

写真はホテル「ボー・リバージュ」のロビーです。

*今日から、写真を別のサーバからリンクしています。ちゃんと見えていますか?

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/23(金) 09:43:16|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

モーリシャスの風(3)クレオール語 「あなたの旅行記はどんな感じ??(24219)」

モーリシャスの虹「インド洋の貴婦人」モーリシャスで意外だったのは、人々がフランス語を話すことです。

前回ちょっと触れたように、モーリシャスは英国領でした。ですから、公用語は英語です。でも、人々が日常的に話しているのはフランス語なのです。1715年から1814年までのフランス領時代の名残りなのでしょう。

さらに、住民同志はクレオール語で会話をします。モーリシャス人の感覚としては、ビジネスなどの付き合いではフランス語を話し、よく知っている人とはクレオール語を使うのだとか。

クレオール語って、ハイチやジャマイカなど、カリブ海の島々で話されているイメージだったので、モーリシャスでも使われていることは意外でした。

もっともChloeはクレオール語は全くわかりません。ハイチやジャマイカとどの程度同じなのかも謎。

いずれにしても、英語とフランス語がぺらぺらで、仲間内ではクレオール語で秘密の会話ができるモーリシャス人ってなんかすごいですよね。


人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/23(金) 07:15:23|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

トラベルバトン 「★つ・ぶ・や・き★(1266269)」

逆さバオバブ
ミッコ095さんからトラベルバトンをいただきました。
旅行好きなので、こういうバトンは楽しいですね。でも、最高によかった場所を一箇所に決めるのは難しいです。

【1】今までで最高に良かった国内旅行先
いろいろあるけど、松島で遊覧船に乗って、かもめにかっぱえびせんをあげたのは楽しかったです。
最初は指をかじられるんじゃないかと心配したけど、えびせんだけ上手にくわえていくんです。
やめられない、止まらない、とばかりに、たくさんのかもめが船についてきました。

【2】今までで最高に良かった海外旅行先
マダガスカルとバリ、どちらにするか迷ってしまいます。でも、やっぱりマダガスカルかな。
ベトナムもよかったし、フランスのドライブ旅行も楽しかったし、スペイン、イタリアの旅も思い出深かったです。

【3】これから行ってみたい国内旅行先
なんといっても温泉。それと、キツネザルが住んでいる動物園めぐり。

【4】これから行ってみたい海外旅行先
アンコールワットとハノイ、ハロン湾の旅。実は年末に向けて計画中です♪

【5】次にバトンを渡す人
旅の好きな方、よろしかったら受け取ってくださいな。
  1. 2005/09/22(木) 07:56:35|
  2. Chloeの今日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

モーリシャスの風(2) ちょっと寒い 「あなたの旅行記はどんな感じ??(24219)」

Beau RevageのプールChloeのリゾートスタイルは基本的に「のんびり」です。

ダイビングもゴルフもしないので、ビーチやプールサイドで読書か昼寝をしています。

ところが、モーリシャスの8月は冬。思いのほか涼しいのです。インド洋を渡ってくる風も結構強いので、海にもプールにも入らず、パレオにくるまっていました。

涼しいなら涼しいなりの過ごし方がある!わけなので、翌日からは島内観光に出かけることにしました。

たまたま私たちの滞在中だけだったかもしれませんが、8月のモーリシャスはビーチリゾートではありませんでした...


人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/22(木) 06:23:38|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

すごく嬉しいです! 「サイト運営あれこれ話(1924)」

樹上のシファカアダルト・トラバの件では、いろいろご心配をおかけしました。

多くの方が同じ問題に悩んでいらっしゃること、でも淡々と削除して、オープンな運営を続けていらっしゃることを知りました。

楽天側でも対策を取っているという話を木暮バックウォルドさんに教えていただいたので、トラバ受付を再開することにしました。

こういうのは、いたちごっこなので、完璧な対策はないことはわかっています。

もしかすると、また変なトラバがついて、私が削除する前に不快な思いをされる方がいらっしゃるかもしれません。

でも、やっぱりBlogらしさを保ちながら、オープンな運営をしていくほうが自分の目指しているサイトに近いかな、と思いました。

皆さん、本当にありがとう!また、一つ、Blogの良さを知った気がします。
  1. 2005/09/21(水) 22:57:23|
  2. Chloeの今日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

モーリシャスの風(1)「きれい」な島 「あなたの旅行記はどんな感じ??(24219)」

モーリシャスの朝Chloeと相棒くろうさきは、マダガスカルで感動の一週間を過ごした後、1時間40分のフライトでモーリシャスにやってきました。

「インド洋の貴婦人」と呼ばれるモーリシャスは、東京都ぐらいの大きさの島。マダガスカルの800km東に浮かんでいます。

モーリシャスの第一印象は、「きれい」だということ。マダガスカルから来たばかりだから、つい比較してしまうのですが、町並みが近代的で「きれい」、人々の服装が整っていて「きれい」、クルマも新しくて「きれい」なのです。一目見て、生活水準がマダガスカルよりも高いんだなと感じます。

私はマダガスカルが大好き。でも、国民の70%が貧困層に属する国であることも事実です。こうして東京と岡山程度の距離しか離れていない2つの島が、こんなに違うことにちょっと驚きました。マダガスカルは旧フランス植民地、モーリシャスは旧英国領。2つの島は異なった歴史を歩んできたようです。

島の主な産業は、サトウキビの栽培と、繊維加工業と観光。最近は、繊維産業は中国に押されて厳しいのだとか。空港からホテルまで送ってくれた運転手さんは、「物価は高いし、給料は安いし、大変なんだよ」と嘆いていました。

ともあれ、バスタブのないロッジを渡り歩く生活から、リゾート地にやってきて、ほっと一息。東海岸のリゾートホテル「ボー・リバージュ」にチェックインし、まずは旅の疲れを癒すことにしました。

マダガスカルの健康的な生活の名残りか、朝の目覚めもすっきり。日の出がとてもきれいでした。

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/21(水) 07:06:38|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

相棒のBlog

さるすべりChloeのOn/Off日記にもときどき登場していた相棒が、ついにBlogを始めました。

いつまで続くのかなーと思っていたのですが、2週間続いているようなので、皆様に紹介させていただきます。

さすらいのギャンブラー?!くろうさきをよろしくね。

ちなみに今日のお花はさるすべり。うさぎすべり!ではありません。
  1. 2005/09/21(水) 00:37:59|
  2. Chloeの今日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トラバこそBlogらしさなのに 「サイト運営あれこれ話(1924)」

むくげ最近、アダルト系のトラバが多くて困っています。

来訪者の皆さんにも不快な思いをさせてしまうので、現在、トラバの受付を中止しています。

アクセス記録ではわからないように音もなく現れて一気に30件近く残していく時もありました。

ちゃんとメンテナンスして削除してしまえばよい話なのですが、これほど件数が多いとちょっと。

トラックバックってBlogならではのコミュニケーションなので、再開したいとは思っているのですが。

写真は、ムクゲの花です。一日花でその日限りの命。毎日咲いているように見えるのは、つぼみが次々と花開くからだそうです。
  1. 2005/09/20(火) 06:44:32|
  2. Chloeの今日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

横浜でキツネザル! 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154227)」

アカエリマキキツネザル横浜の野毛山動物園に行った本当の理由は、これです。

アカエリマキキツネザルがいるんです♪

専用の檻に、アカエリマキキツネザルが20匹近く。今年生まれた子供もいました。

マダガスカルでは会えなかったキツネザルだけに、感激!

でも、檻越しだと写真を撮るのも一苦労。20枚以上撮ってもこの有り様です。

なんとかいい写真を撮ろうと粘っていたら、アカエリマキたちが一斉に鳴き声をあげました。ものすごく大きな声にびっくり!インドリのコーラスとも、ブラウンキツネザルのブーブーとも違う、サイレンのような音でした。

アカエリマキたちも、遥かなマダガスカルを想っているのでしょうか。


人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/19(月) 19:35:54|
  2. お出かけ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

横浜でニューカレドニア! 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154227)」

カグーよくわからないタイトルですが(^^;)。

皆さん、カグーっていう鳥の名前を聞いたことはありますか?

ニューカレドニアに行ったことのある方じゃないと、なかなかご存じないと思います。

カグーはニューカレドニアにしかいない貴重な鳥で、現存するのは2000羽程度とか。

2003年から2004年にかけての年末年始をニューカレドニアで過ごしたのですが、カグーに会うことはできませんでした。

行くまでは知らなかったくせに、会えずじまいだと妙に気になってしまい、せめてもの記念にTシャツだけ買って帰国。

そんなニューカレドニアの国鳥カグーと、なんと横浜の野毛山動物園で出会ってしまいました。

ガラスに覆われた檻を通しての対面でしたが、ちょっと感激♪です。


人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/19(月) 19:07:01|
  2. お出かけ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

秋の気配 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(154226)」

栗近所を散歩していたら、栗林に緑色のいが栗がなっていました。まだ、さわやかな緑色なのですが、形だけは立派な栗です。

もう秋なのだなーと感じます。

マダガスカルに続くモーリシャス旅行記、なかなか始まらなくてごめんなさい。

一ヶ月、マダガスカルの思い出に浸っていたので、なんか毎日の生活で感じたことや、ニャンズのことなども書いてみたくなりました。

というわけで、寄り道のお散歩です。


人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/16(金) 19:46:32|
  2. Chloeの今日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

今日は誕生日♪

アビちゃんプロフィールには書いていないのですが、実は、今日は誕生日でした。

昔でいう敬老の日生まれです。

子供のときは、なんか年寄りじみた日で嫌だなーと思っていました。

祝日なので、友達にもアピールしにくかったし。

でも、家では毎年、お祝いをしてもらっていました。

今にして思うと、一番かわいそうなのは、私のせいで敬老の日に特別扱いしてもらえないおばあちゃんかもしれません。

ちなみに祖母は健在です。もう、94歳ですが、なんとか元気にしているようです。実家をでてしまったので、すっかりご無沙汰していますが。

そろそろ、敬老の日に感謝をささげる番かもしれません。

写真は久々登場、アビシニアンのアビちゃんです。


人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/16(金) 02:05:23|
  2. Chloeの今日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:42

恋愛バトン

ぴすけっとさんから、恋愛バトンを受け取りました。
ちょっと遅ればせながら、走ってみます。

1,お名前と性別を教えて下さい
   女 Chloe

2.現在、恋人または好きな人いますか?
   はい、相棒です。      

3.今まで一目惚れをした事ありますか?
   ないです。相棒と出会った時にも結婚するとは思いませんでした。直感ゼロ(^^;)。 
                               
4.恋人に求める条件を3つ挙げてください
   価値観が共通していること
   何かに対しての向上心をもっていること
   私の考え方を尊重してくれること

5.今まで付き合った人、好きなタイプと一致しましたか?
   まぁまぁ、かなぁー。

6.自分から告白しますか?それとも待ちますか?        
   わかりやすいので、言わなくてもバレるみたいです        

7.結婚願望はありますか?     
   既婚者で~す。

8.失恋した時どう対処しますか?
   お酒を飲む。あ、恋愛しているときも飲んでますね。 

9.今現在の自分の恋愛を表す曲は?・・・。
   フランス・ギャルのIl jouait du piano debout
   ピアノを立ったまま弾く男性の、ちょっと普通じゃないところにその人らしさを感じる、という歌。あんまり恋愛ソングじゃないですが、ミシェル・ベルジェとフランス・ギャルというフレンチ・ポップス界の黄金カップルによる曲なので。
   
10.お疲れ様でした。次に回す人の指名をどうぞ
   どなたかよろしければ拾ってください。
   え、そのまま私が周回遅れになっちゃうの?

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/16(金) 01:10:35|
  2. Chloeの今日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マダガスカル旅行記50: 大団円?!そして、新たなる旅へ 「マダガスカルに行こう!(71)」

バオバブ並木の夕暮れいよいよマダガスカルに別れを告げる時が迫ってきました。

タナの街から空港に向かう途中、スーパーに寄ってお買い物。青唐辛子のペースト「サカイ」やワオキツネザルの大好物「タマリンドの実」を買いました。ガイドのジョゼさんいわく、タマリンドの実は梅干より酸っぱいのだそう。「えっ、梅干食べたの?」と聞いたら、日本の旅行客がおすそ分けしてくれたそうです。

空港でジョゼさんともお別れ。達者な日本語でいろいろ教えてくれたジョゼさんは、このブログの影の功労者です。ジョゼさんにはTシャツとラム酒をプレゼントしてもらいました。マダガスカルにあるバオバブが学名と一緒に入っている黄色いTシャツです。いい思い出をありがとう!

空港で最後のお買い物でもしようかと思っていたのですが、中の免税店は、売店といったほうがよさそうなレベル。品揃えが少なく、しかもマダガスカル通貨のアリアリは受け取ってくれません。アリアリは海外では再両替できないとは聞いていましたが、出国手続きをすると、たとえアンタナナリボの空港でも使えないとは!

通貨の信用度は国の力。このお金の件にも現れているように、マダガスカルは経済力も弱く、道路網などのインフラの整備も遅れていて、衛生面でも気を遣います。一方で、緑が急速に失われて、大気汚染も進んできています。いろいろと問題を抱えている国だけど、住む人たちは優しく、とてもフレンドリーでした。いつになるかわからないけど、またきっと戻ってきます!

というわけで、マダガスカル旅行記は50回で大団円?! ここまで読んでくださった皆様、コメントをいただいた方々、本当にありがとうございます。Blogってアクセスしてくださる皆さんと一緒に作っていくものなのですね。

さて、次回からは、インド洋に浮かぶ島、モーリシャス編です。また、よろしくお願いします。

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/14(水) 07:25:54|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

マダガスカル旅行記49: チンバザザ動物園 「マダガスカルに行こう!(71)」

バンブーキツネザルマダガスカル観光最後の日、キツネザルたちとの名残を惜しむために、チンバザザ動物園に行きました。

動物園らしく家族連れが多くて、なんとなくのんびりとした雰囲気がただよっています。

キツネザルの種類も多くて、ワオキツネザル、エリマキキツネザル、アイアイなどなど。でも、ワオちゃんは小島の中に立てられた木の小屋から出てきてくれなくて、会えませんでした。アイアイも檻の裏でお休み中で対面できず。

でも、ベレンティーやペリネで見ることができなかったクロキツネザルとバンブーキツネザルに会えたのは収穫。

檻の金網越しなのが辛かったのですが、写真もマニュアルフォーカスでがんばってみました。

併設された博物館には、すでに絶滅してしまったキツネザルの剥製や、ダチョウに似た巨大な鳥「エピオルニス」の骨格標本が展示してあります。

エピオルニスが悠然と歩く時代はもう返ってこないのだと思うと、インドリたちも大切に守らないといけない!と実感します。


人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/13(火) 07:34:16|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

マダガスカル旅行記48: 大統領のコーラ 「マダガスカルに行こう!(71)」

クラシコ・コークマダガスカル各地でよく見かけるのが、この赤いペインティングを施された雑貨屋さん。

「クラシコ」というコーラの宣伝なのですが、建物全体を真っ赤な看板にしてしまうマーケティング手法は、本家コカ・コーラより目立つほど。

ところで、このコカコーラ、実はマダガスカル大統領御用達ブランドなのです。

というより、ラヴァルマナナ大統領の会社が作っているコーラなのですね。ラヴァルマナナ大統領は、乳製品メーカーTikoの経営者で、Classikoも製品の一つだそうです。

コーラは元々好きじゃないので一度も飲まなかったのですが、話によるとコカコーラそっくりの味だとか。やっぱり、試してみればよかったかな(^^;)。


人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/12(月) 22:43:01|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

マダガスカル旅行記47: 丘の上からの眺め 「マダガスカルに行こう!(71)」

丘からの眺め女王宮Rovaが淋しげにたたずむアンタナナリボの小高い丘からは、タナの街を一望することができます。

ここで目を奪われたのは眺望の美しさ、ではなくて、スモッグに覆われた空。街は濁った紫色の雲に隠れてしまっています。

アンタナナリボは首都だけあって、クルマの往来も多く、朝夕のラッシュ時には渋滞も起きます。

しかも、問題はクルマの台数だけではありません。旧式のクルマや整備不良車が多く、黒煙を撒き散らしながら走っているのです。

昔なつかしのシトロエン2CVのタクシーを見かけると嬉しくなったりもするのですが、大気汚染の元凶なのだと思うと、複雑な心境です。

ここままでは大変なことになってしまうのではないか、と、タナの将来を案じてしまいました。


人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/12(月) 07:43:21|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

マダガスカル旅行記46: 女王宮は煙の彼方に 「マダガスカルに行こう!(71)」

女<br /><br />王宮マダガスカルの首都アンタナナリボは、坂の町です。

アヌシ湖と花屋さんを眺めたChloeと相棒はクルマに乗り込み、丘の上へと登っていきました。途中、インド人街を通り抜けると、そういえばここはインド洋だったなぁと思い出したりします。

次の目的地は女王宮Rova。といっても、現在は中には入れません。1995年11月6日、原因不明の失火により、一部を残して燃えてしまったのです。放火説が有力なのだとか。マダガスカルの王国時代の貴重な建物を、誰が...悲しい気持ちになります。

「赤い島 物語マダガスカルの歴史」には、マダガスカルを統一したメリナ朝の隆盛と衰退の歴史が描かれています。

植民地時代に覇権争いを行っていたフランスとイギリスとの間で翻弄されたメリナ朝の女王は、今や立ち入り禁止となっている王宮に何を思うのでしょうか。

フランス語の旅行ガイド「Petit Fute Madagascar 2004-2005」は、女王宮の火事について、「この遺産の思い出を残すために、煙となって消えてしまった遺跡に関する記述をそのまま残すことにします。(略)...この行為(放火)は、この国の歴史のシンボルと国を一つにまとめようとした偉大な祖先の墓に対する攻撃だったのです」と記しています。

 
人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/11(日) 00:49:06|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

マダガスカル旅行記45: 花束はいかが? 「マダガスカルに行こう!(71)」

花市場アンタナナリボことタナの早朝散歩を済ませて、ホテルで朝食。待ち合わせの時間にチェックアウトすると、ガイドのジョゼさんがすでに来ていました。

日本語も上手なジョゼさんは、日本人のように几帳面で、時間厳守のガイドさん。とても頼りがいがあります。

さっそくクルマに乗って、市内観光に出発。まずは、アヌシ湖に行きました。人造湖なのだそうですが、水鳥が遊ぶ憩いの場として、すっかりタナの町に溶け込んでいます。

近くには花屋が軒を連ねています。なんか、ニースの旧市街にある花市場を思い出してしまいました。

一箇所にまとまっていると、買う側には楽だけど、売る人たちは大変ですよね。

その日の飛行機でモーリシャスに旅立つ観光客Chloeたちは、もちろん眺めるだけです。でも、思わず欲しくなるほど、きれいな花が並んでいました。

人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/10(土) 22:45:12|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

マダガスカル、ル・マン、バリの旅行記 「あなたの旅行記はどんな感じ??(24219)」

マキのおしくらまんじゅうマダガスカル旅行記もいよいよ大詰めですが、40回を超えると過去の日記を探すのも大変になってきました。

そこで一念発起!いままでの旅日記をフリーページにまとめてみました。

気合も入れてバナーをつくり、トップページからリンクを張っておきました。

ル・マン24時間観戦記とバリ旅行記もまとめたので、ぜひ見てみてくださいな。

感想お待ちしています。


人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/10(土) 18:35:55|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

マダガスカル旅行記44: 入場禁止の駅 「マダガスカルに行こう!(71)」

タナの駅「線路は続くよ」の日記が好評だったので、駅も見に行くことにしました。(なんちゃって、日記は帰国後に書いてます。)

実は、マダガスカルの鉄道、気になっていたのです。

私は鉄道マニアではないのですが、「ミシュリーヌ」という空気入りタイヤを履いた鉄道がマダガスカルで走っている!と聞いたことがあったからです。駅に行けば見られるかなーなんて軽い気持ちでマダガスカルに来ていました。

後でわかったのですが、ミシュリーヌは現在も運行中。ただし、フィアナランツァからサアンバイを結ぶ20kmで細々と観光用に走っている程度のようです。ミシュリーヌを見たい人はこちらからどうぞ♪

タナの駅に行きましたが、警備員が入り口にいて物々しい雰囲気。駅舎の写真を撮らせてほしいというと頷いてくれたのでパチリ。駅の構内も見たいなーと思って、先に進もうと思うと、警官か軍人が出てきて制止されました。

この駅って、入場禁止?!

今、タナの駅では貨物輸送しか行われていないようです。

「世界の車窓から」のマダガスカル編(1997年2月24日から3月23日まで放映)では、アンタナナリボからトアマシナまでの旅が紹介されています。

1997年から現在までの間に、マダガスカルに何が起きたのか。2001年12月の大統領選をめぐる混乱で、国が乱れたという漠然とした知識しか持っていません。

楽しい汽車の旅は、いつ復活するのでしょう。


人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/10(土) 13:25:58|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

マダガスカル旅行記43: 朝はマーケットから 「マダガスカルに行こう!(71)」

タナの市場マダガスカル滞在最後の日、早朝から目が覚めました。なにしろ、ホテルのすぐ前の道路がマーケットですから、朝からにぎやかです。

マダガスカル旅行の出発点となったホテルで再び朝を迎えると、時計を逆回しにして、もう一度すべての土地を回りたい、と感傷に浸ってしまいます。

でも、まだ半日あるのですから、そんなことを言っている場合ではありません。朝食前の散歩に出撃!です。

ホテルの前のマーケットでパチリと写真撮影。道路わきに商品を並べているだけなのですが、すごく賑わっています。ジーンズも売っているのですが、試着はできなさそうですね。


人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/10(土) 11:50:41|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

マダガスカル旅行記42: タナの夕暮れ 「マダガスカルに行こう!(71)」

タナの夕暮れ3時間近いドライブの末に、ようやくタナことアンタナナリボに近づいてきました。

タナは高地の町。かつての女王宮と首相官邸の建物が小高い丘の上で夕日を浴びています。

マダガスカルで過ごすのもあと一日。このすばらしい滞在ももうすぐ終わるのだなーとおもうとしみじみしました。(日記は42回ですが、実際には6日目)。

薄暮の中、ホテルにチェックイン。マダガスカル到着日に泊まったのと同じ宿です。目の前の独立大通りをちょっと散歩しましたが、商店はすでに閉まっています。通りを往復しただけで戻りました。

夕食はホテルのレストランで。地元のちょっときれいなフレンチ・レストランという風情なのですが、すごい創作料理に出会いました!前菜がにんじんやマスタードなどのシャーベット尽くしだったのです。面白い!と喜んで食べたのですが、やっぱり全部シャーベットだとちょっとおなかが冷えちゃう気がします。

晩御飯でブログのネタに出会うと思わなかったので、カメラを持っていかなかったのが残念!油断大敵ですね。


人気blogランキングに参加しています。よかったらクリックしてみてくださいませ。
人気blogランキング
  1. 2005/09/09(金) 08:00:40|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
次のページ

プロフィール

Chloe

Author:Chloe
2005年7月、マダガスカルへの初旅行3日前に、キツネザルを撮りたくて一眼レフを衝動買い。以来、レンズ越しに見える世界に魅せられて、国内外を旅して動物を撮影しています。

アクセスカウンター

カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。